2020年01月01日

謹賀新年!

59756B81-1F71-4D0B-A072-853AB7EC8886.JPG




明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願いいたします。
今年は、Pocke6 の完成を急ぎます。
posted by ja6irk at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2019年12月30日

今年もお世話になりました!

AKCatHamfair.png  AKClogo_COLOR2020190521-thumbnail2.png

今年は、初めてのの関西カムフェア、ハムフェアに独自ブースを持ち、頒布品の販売を行いました。
人生初めてです。
これも皆、お声がけをいただいたAKCメンバーの皆さんの助けあってです。大変ありがとうございました。
準備した頒布品の数が少なく、ご希望の皆さん全てに頒布することができなくて大変申し訳ありませんでした。
超人柱版となった「Pocke6」はお陰様で非常に完成度が上がりました。
CWはおまけのつもりでしたが、サイドトーン、セミブレークインなど本格的な機能も追加されました。
VFOメモリも3ch搭載、サブダイヤルのステップ周波数、サイドトーン周波数、VFO周波数の調整など、初期調整モード等も搭載されました。
乞うご期待です!

posted by ja6irk at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2019年10月06日

Pocke6の状況

ケース付き.JPG

ハムフェアで頒布予定だったPocke6は、検討の時間切れで、極一部の局長さんに、一緒に検討評価をやっていただける方ということで、超人柱バージョンで限定頒布いたしました。
その後、積極的に検討を行っていただき、ハードもソフトも大幅に進化しています。
ケースはアクリル板で挟んだだけの簡易版だったのですが、これをうまく活用し、3Dプリンタでカッコいいケースまでも作っていただきました。

スプリアスも大幅に改善され、受信音のノイズも大幅低減、QSOするに実用的範囲となってきました。
今後は、実際のQSOでの評価をいただくべく、保有していなかった50MHzの水平偏波アンテナ、スクエアローを上げてみました。

スクエアロー.JPG
殆ど夜間に撮った写真で、ライトに浮き上がっています。

スクエアローSWR.JPG
TinyAntennaAnalyzerで測ったSWRです。

posted by ja6irk at 22:35| Comment(4) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2019年09月02日

ハムフェア2019ありがとうございました

ハムフェア入り口.JPG


昨年のハムフェア後お声がけをいただき準備を進めてきた、ハムフェア2019でのキットの頒布は無事終了いたしました。
アマチュア キット クリエイターズ (AKC)というグループ名でブースを持ち、関ハム、ハムフェアと無事なんとかクリアできました。
ブースを訪問いただきました多くの局長さん、頒布品をご購入いただきました局長さん、そしてメンバーの皆さんありがとうございました。

ハムフェアAKC.png


AKClogo_COLOR2020190521-thumbnail2.png


posted by ja6irk at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2019年06月25日

アマチュア キット クリエイターズ に参加

AKClogo_COLOR2020190521-thumbnail2.png

昨年の夏のハムフェアの後だったと思います。
来年のハムフェアに自作品の頒布を目的としたブースを持ちませんか?とお話をいただきました。
現在は、大阪に単身赴任をしている身でどこまでできるかわかりませんが、ま、何とかなるだろうと気楽に参加を決めてしまいました。
殆どのことは、参加のお誘いををしてくださった各局長さんにお願いしっぱなしですが、当初のメンバーから参加者も増え、「いばらきハムの集い(JI1PVV OMの単独出展です)」を皮切りに、「関西ハムフェア(JL1VNQ、JQ1SRN、7L4WVU、当局の共同出展)」、「ハムフェア(JH4VAJ、JL1VNQ、JQ1SRN、7L4WVU、JR1KDA、当局の共同出展)」と準備が着々と進んでおります。
このメンバーグループには

「アマチュア キット クリエイターズ (AKC)」

という名前が付けられ、グループを紹介するサイトも立ち上げられました。

https://www.amateur-kit-creators.com/

当局としても、頒布する品物を紹介するリンクを準備中です。

http://qrp-hanpu.sblo.jp/category/4518713-1.html

hanpu combi.JPG

当局としてのデビューは7月20日、21日に池田文化会館で開催される「関ハム」ですが、ブースとしてD-16が確保されました。
今は期限が迫り、本当にちゃんとした頒布品が展示できるかギリギリで冷や汗状態が続いています。
他のメンバーさんは、既に多くの人気キットを頒布されているベテランOM各局長さんですので、そちらはこうご期待です。
当局も頑張ります。

posted by ja6irk at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2019年06月10日

8J1RL やっとできた!


なかなかチャンスがなかった8JTRLとのQSOですが、今日、一発でとっていただきました。
欧州、アフリカは沢山できていたのですが。
あとはカリブです。
posted by ja6irk at 20:40| Comment(2) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2019年05月28日

テスト

テスト投稿です。
by JA6IRK
posted by ja6irk at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2019年05月18日

Tiny Antenna Analyzer 基板化

ふとした思いつきから、前バージョンを改造して実験してみて、良い結果が得られた方式でしたが、連休中に基板を修正して頼んでいたものが、昨日届き、早速作ってみました。



折角なので更に実験してみたい機能もあったので、余分な回路も入って、若干大きくなっていますが、基本機能は実験と同じ結果が得られることを確認できました。


消費電流は増えているようです。

posted by ja6irk at 12:04| Comment(1) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2019年04月21日

Tiny AntennAnalyzer 改



6m TRXの仕上げが気になってしょうがないのですが、Si5351を使ったアンテナアナライザーでちょっとしたひらめきがあり、早く確かめたくて、以前作った基板を改造して実験してました。

Si5351の出力は矩形波のため高調波の影響を受けて正しいSWRが得られないため、高調波での測定を合わせて計算してSWRを求めてました。


今回のアイデアは、Si5351が出力を3つ持っているのを利用して、アナログスイッチを組み合わせて周波数変換し、低周波に落として高調波の影響を防ごうとするものです。

今回は手持ちの4066を使ってみました。


ビンゴです。

写真は、7.MHz付近に共振させたダミーアンテナです。実際のアンテナでも同じような結果が得られました。


追加部品として、アナログスイッチと、反射波の測定にフェライトコアが必要ですが、必要最小限で安価な広帯域のアナライザーが実現できそうです。


posted by ja6irk at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2019年04月17日

大型リチウムイオン電池

久しぶりに、東京の自宅に帰ったら荷物が届いていて、アマゾンのセールの時にポチってしまって送り先を東京にしてあったのを忘れていました。


40540mAhの電池を積んでおり、5Vは勿論、12Vに加え、AC 100V出力も付いている優れものです。
寸法で大きさはわかっているものの、実際には意外と小さいなと言うのが第一印象です。

手前はクレジットカードサイズのカード

容量的な実力はわかりませんが、移動運用、災害時には役にたつでしょう!



posted by ja6irk at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew