2019年06月25日

アマチュア キット クリエイターズ に参加

AKClogo_COLOR2020190521-thumbnail2.png

昨年の夏のハムフェアの後だったと思います。
来年のハムフェアに自作品の頒布を目的としたブースを持ちませんか?とお話をいただきました。
現在は、大阪に単身赴任をしている身でどこまでできるかわかりませんが、ま、何とかなるだろうと気楽に参加を決めてしまいました。
殆どのことは、参加のお誘いををしてくださった各局長さんにお願いしっぱなしですが、当初のメンバーから参加者も増え、「いばらきハムの集い(JI1PVV OMの単独出展です)」を皮切りに、「関西ハムフェア(JL1VNQ、JQ1SRN、7L4WVU、当局の共同出展)」、「ハムフェア(JH4VAJ、JL1VNQ、JQ1SRN、7L4WVU、JR1KDA、当局の共同出展)」と準備が着々と進んでおります。
このメンバーグループには

「アマチュア キット クリエイターズ (AKC)」

という名前が付けられ、グループを紹介するサイトも立ち上げられました。

https://www.amateur-kit-creators.com/

当局としても、頒布する品物を紹介するリンクを準備中です。

http://qrp-hanpu.sblo.jp/category/4518713-1.html

hanpu combi.JPG

当局としてのデビューは7月20日、21日に池田文化会館で開催される「関ハム」ですが、ブースとしてD-16が確保されました。
今は期限が迫り、本当にちゃんとした頒布品が展示できるかギリギリで冷や汗状態が続いています。
他のメンバーさんは、既に多くの人気キットを頒布されているベテランOM各局長さんですので、そちらはこうご期待です。
当局も頑張ります。

posted by ja6irk at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2019年06月10日

8J1RL やっとできた!


なかなかチャンスがなかった8JTRLとのQSOですが、今日、一発でとっていただきました。
欧州、アフリカは沢山できていたのですが。
あとはカリブです。
posted by ja6irk at 20:40| Comment(2) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2019年05月28日

テスト

テスト投稿です。
by JA6IRK
posted by ja6irk at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2019年05月18日

Tiny Antenna Analyzer 基板化

ふとした思いつきから、前バージョンを改造して実験してみて、良い結果が得られた方式でしたが、連休中に基板を修正して頼んでいたものが、昨日届き、早速作ってみました。



折角なので更に実験してみたい機能もあったので、余分な回路も入って、若干大きくなっていますが、基本機能は実験と同じ結果が得られることを確認できました。


消費電流は増えているようです。

posted by ja6irk at 12:04| Comment(1) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2019年04月21日

Tiny AntennAnalyzer 改



6m TRXの仕上げが気になってしょうがないのですが、Si5351を使ったアンテナアナライザーでちょっとしたひらめきがあり、早く確かめたくて、以前作った基板を改造して実験してました。

Si5351の出力は矩形波のため高調波の影響を受けて正しいSWRが得られないため、高調波での測定を合わせて計算してSWRを求めてました。


今回のアイデアは、Si5351が出力を3つ持っているのを利用して、アナログスイッチを組み合わせて周波数変換し、低周波に落として高調波の影響を防ごうとするものです。

今回は手持ちの4066を使ってみました。


ビンゴです。

写真は、7.MHz付近に共振させたダミーアンテナです。実際のアンテナでも同じような結果が得られました。


追加部品として、アナログスイッチと、反射波の測定にフェライトコアが必要ですが、必要最小限で安価な広帯域のアナライザーが実現できそうです。


posted by ja6irk at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2019年04月17日

大型リチウムイオン電池

久しぶりに、東京の自宅に帰ったら荷物が届いていて、アマゾンのセールの時にポチってしまって送り先を東京にしてあったのを忘れていました。


40540mAhの電池を積んでおり、5Vは勿論、12Vに加え、AC 100V出力も付いている優れものです。
寸法で大きさはわかっているものの、実際には意外と小さいなと言うのが第一印象です。

手前はクレジットカードサイズのカード

容量的な実力はわかりませんが、移動運用、災害時には役にたつでしょう!



posted by ja6irk at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2019年04月06日

桜と夕日

夕方 淀川河川敷を散歩しながら買い物いきましたが、途中にあった公園で満開の桜と夕日の華麗なシルエットに出会いました。



明日は午後から雨予想です。

posted by ja6irk at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然なるままに

PC-FT817 インターフェース

先日から、ケースを含め完成度アップをやっていたインタフェースですが、やっと固まりました。
一箇所間違いのあった基板の修正も終わりました。
実際の運用でも特に問題はなさそうです。


前面から見たところ


後方から見たところ
ミニDINそのままだと大きく後ろに出っ張りますが、専用の変換基板も作ったのでスッキリしています。

横から見たところ
FT817本体の下側に抱かせる形で搭載してます。

裏側から見たところ
底面ですから、カバーが透明である必然性は無いのですが、自作感があって自己満足してます。

ケーブルは、コネクタ接続にしたので、ケーブルを変えれば他機種にも使うことができるでしょう。


posted by ja6irk at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2019年03月24日

PC-Rig デジタルインターフェース

最近はJT65やFT8などのデジタル通信がはやっていますが、FT-817など古い設計のリグには直接つなげるインターフェースが付いていません。
一方PC側にはアナログのオーディオ出力が付いてないものもあります。
そこで、USB接続で、アースを分離したインターフェースを作ってみました。
ついでにCWのインターフェースも内蔵しました。
ケースに試行錯誤があったのですが、それなりのものがやっとできました。



外側を3Dプリンタで作成し、上下を透明アクリルで蓋をする構造です。
これは、JL1VNQ OMが使われている構造で、参考にさせていただきました。
もう少し微調整が必要ですが、それなりの完成度になったと喜んでます。

posted by ja6irk at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2019年03月19日

FRISKサイズキーヤー

昨日の続きです。
FRISKのケースをCNCで穴加工してケーシングしてみたものです。


CNC加工は原点合わせに工夫が必要です。
加工のために、道具があるのか、使い方を習得するために道具があるのか?
道具を使うにも、苦労が多いです。
posted by ja6irk at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew