2015年07月12日

Arduino用Wifi

DSC01256.jpg

またしても、Arduinoネタです。
Arduino用のWifi基板(シールド)は非常に高くWifiを実験するにはコスト的に敷居の高いものとなっていました。一方で海外ではESP8266というICを使用した基板が非常に廉価で販売されており、使用例も沢山見つけることができています。
しかし、これらは技適を取得していないため国内での使用は問題がありました。
今年に入って技適の審査中である情報が散見されるようになっていましたが、ついに発売になり、当局も早速入手し実験してみました。
この基板はCEREVOというところが販売開始したもので、販売開始は7月7日で初日に注文し入手しました。
基板そのものはまだ在庫があるようですが、変換基板付きはすでに品切れのようです。
検索するとアマゾンでも、いくつか販売しているところが見つかり価格も殆ど同じくらいです。

入手して色々検索で調べていて、驚きました。
なんと、このESP8266はArduinoIDEで直接プログラム開発ができつまり、いわゆるArduino基板(UNOやNANOなど)は必要ありません。
Prominiやaitendoのあちゃんでいいのと同じように書込みにUSBシリアル変換が必要なのと、一般的に使用しないRTSの信号が必要になるのが課題ではありますが。

DSC01257.jpg

DSC01259.jpg

入手した基板の半田付けも終わったので、書き込み用のUSBシリアル変換基板の改造を行いました。
Prominiやあちゃんでいいのは、先日入手していた変換基板で問題はなかったのですが、RTS信号が必要なためICの端子から直接取り出し、もともと端子として出力されていたCTS端子のパターンをカットし接続しました。
書込みだけだとこれでいいのですが、デバッグするのにシリアルを使用する場合は、このRTS信号とDTR信号を切り離す必要があり、実際にやってみると確かにこの2つの線をはずさないとシリアル通信ができません。
いちいちつけたりはずしたりも不便なのでスイッチ基板を追加しました。

DSC01263.jpg

参考にしたのは、以下のサイトです。
http://tech-blog.cerevo.com/archives/859/
まずこちらで、自宅のWifiと接続できることを確認しました。

http://ashiyu.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/esp8266exarduio.html
次にこちらで、ArduinoIDEのスケッチサンプルでWEBサーバー機能を確認しました。
ちゃんと自宅のWifiネットワーク二接続され、WEBサーバーとして動いています。

DSC01262.jpg

最終的には、電池駆動で温湿度データをWifiで送れるようにしたいと思って始めたのですが、温湿度データをシリアルで出力しデータとしてはセンサーとして動作していることは確認できたのですが、WEBサーバーのデータとして送り込むことができていません。この部分が自分で作成しているところなので難儀しています。
今日は時間切れになりました。
しばらく掛かりそうですが、ここがうまく行けばいろんなアプリケーションが作れそうです。
気長にやって行きたいと思っています。



posted by ja6irk at 19:17| Comment(7) | TrackBack(0) | AVR&Arduino

2015年07月05日

あちゃんでいいの

DSC01243.jpg

昨日、秋葉原での懇親会がありその前にaitendoに寄ってきました。
以前より売り切れになっていたArduino簡易版「あちゃんでいいの」が大量に入荷していたので購入してきました。
最初に売っていたのはどうも試作版のようで、色々変更になっています。
まずリセットボタンが追加になったのと、どうもDTRからリセット端子に行く信号をコンデンサでカットされていなかったようで、コンデンサが追加になっているようです。
これで、USBシリアル変換との接続で安心して使えるようになったのだと思います(推測ですが)
この基板で残念なのはプログラムの書き込みに使用するUSBシリアル変換のPinの並びと、「あちゃんでいいの」のPinの並びが違うことです。
aitendoの写真でもUSB-シリアル変換 [USB2RS-340G]が使われているようですが、DTRの信号が反対側になります。
このUSB-シリアル変換 [USB2RS-340G]は現在在庫切れのようで新製品としてUSB-TTL変換 [U2TL340-6P]が販売されていますが、これもUSB-シリアル変換 [USB2RS-340G]と同じPin配列ですので接続は注意しなければいけません。
前のモデルは500円で、新製品はリセットボタンと5V-3.3V切り替えスイッチが省かれているのに590円と値上げになっています。(この話題と関係ありませんが)
これらの変換基板と「あちゃんでいいの」との接続は下記の写真のようになります。

DSC01252.jpg

先週、当局が自作した「あちゃんでいいのもどき、XBYバージョン」はPin接続はDTRを反対側に入れ替えなくてもいいようにパターン設計しています。
俗に売られている、Arduino Pro、ProminiのPin配置も上記USBシリアル変換のPin配列と同じなので、何で同じにしなかったのかな?と疑問に思っています。
下記は「あちゃんでいいの」と「あちゃんでいいのもどき、XBYバージョン」を比較した写真です。

DSC01250.jpg

それから、あちゃんでいいのの製作で接続するLEDは基板上13番端子がLOWの時点灯する設計なっており、UNOなどとは論理が逆となっているため、パターンカットと接続を行い論理を反転し13番端子がHIGHの時点灯するように改造してあります。

いずれにせよ「あちゃんでいいの」¥166とUNOブートローダ書込み済マイコン¥350とUSBシリアル変換¥590の合計¥790で ArduinoUNOとほぼ同じ様なことが楽しめるようになり、コスト的な壁はものすごく低くなったのではないかと思います。(UNO用のシールドはそのまま接続できなくて配線しなければならないのは面倒ですが)
5月の連休から突然はじめたArduinoですが、これまでのBASCOM-AVRで当局が作れなかったものも作れるライブラリが世の中に沢山存在し、不得意なC言語をベースにしたツールではありますが、このツールの使いやすさが不得意部分を補佐してくれるので、非常に便利なAVR用プログラム開発ツールであると実感しました。
下記は、これまでに入手した、また自作したArduino基板群です。

DSC01254.jpg

左から、Arduino UNO、NANO、Promini、あちゃんでいいの、あちゃんでいいのもどきXBYバージョン旧、新 です。
posted by ja6irk at 12:22| Comment(2) | TrackBack(0) | AVR&Arduino