2018年02月12日

1.2GHz GPアンテナ

IMG_1788.JPG

1.2GHzに対応できるRLBの導入に気をよくして、次のアンテナを作ってみました。
部屋に転がっていたCD(DVD、BDも同じ)の円盤を見ていたら1.2GHzのGPの円盤に使えるのではないかと思ったからです。
CDの直径は12cmです。1/2λよりちょっと長くてラジアルとして使えそうです。
CDの円盤に糊付きの銅箔シートを貼って、真ん中の穴にBNCの角座を取り付けて、心線にはラジエータとして56mmになるように3mmの銅パイプを切ってはんだ付けしました。
写真のような順番で作りました。作業時間は30分くらいです。

IMG_1781.JPG
銅箔シートを貼った状態

IMG_1782.JPG
真ん中の穴にBNCの角座を取り付け

IMG_1783.JPG
RLBで共振点を調整 反射波は-20dBを超えている

IMG_1784.JPG
測定の様子

IMG_1785.JPG
ハンディトランシーバに取り付けた様子

IMG_1790.JPG
最初の写真のRLBでの測定値(1/4λに1/2λを足してハイゲインになるようにしてみた)

1.2GHzのアンテナは小型で室内でも調整ができ意外と面白いと思いました。

posted by ja6irk at 12:49| Comment(2) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2018年02月04日

1.2GHz RLB

IMG_1774.JPG

1.2GHz対応の周波数カウンタの次はSWRを測定するためのリターンロスブリッジ(RLB)です。
実は、だいぶ以前430MHzのアンテナのSWRを測定するためにRLBの自作をしていました。

IMG_0420.JPG

サイト検索でRLBの自作サイトを調べると、100MHzくらいまでは比較的容易に作ることができるのですが(当局自作のアンテナアナライザも基本は同じ)、それ以上、430MHzとか1.2GHzで性能を得ようとすると相当なノウハウと努力が必要なことが記載されており、その時作ったものも430MHzでなんとか使えるかな?レベルのものでした。
今回、1.2GHzのSWRを測るためにSWR計もしくはRLBをどうしようかと、これまたネット検索していたら、格安のRLBを見つけました。
最初の写真のものです。送料込みで1500円しません。一応3GHzまで対応となっており、データも表示されていました。流石に3GHzで13dBほどしかありませんが、目的の1.2GHzでは20dB以上あります。
1500円ならだめでもいいやと購入してました。
結果として、とりあえず使えそうです。

IMG_1759.JPG
DUT(入力)オープン時の特性(1MHz〜3GHz)
IMG_1761.JPG
手持ち50Ωダミーロード接続時の特性
(何故か1.2Hz付近でディップが)
基準となるダミーロードはHP製 HP 909F

IMG_1768.JPG
50MHz、144MHz、435Mzマルチバンドホイップを測定した特性

IMG_1763.JPG
1.2GHzホイップを測定した特性

IMG_1775.JPG
今回自作した1.2GHz 8エレ八木アンテナを測定した特性

IMG_1733.JPG
1.2GHz 8エレ八木アンテナ

IMG_1767.JPG
測定の様子

posted by ja6irk at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew