2015年06月14日

ISPでArduinoを楽しむY

DSC01236.jpg

先週は、aitendoで売り切れの「あちゃんでいいの」基板のもどき互換基板を作ったが、よく考えたらAVRマイコン幅で作れることに気づき作り直してみました。
また、先週の基板はUSB-232C変換基板との接続端子を「あちゃんでいいの」とおなじに順序にしたのですが、これに使用するUSB-232C変換基板の出力と同じ順序にすれば、書き込み用接続線を入れ子にする必要もなくストレートに接続できるためここのパターンも変更しました。
ICソケットに使用したのはリードの長いラッピング用の丸ピンソケットです。実は、これが意外と高く、また、最近はラッピングする人もいないのか入手困難でしたが、なんとか見つけて使ってみました。価格的には、ATmega328の値段より高くなっています(¥300)。

DSC01239.jpg

でもスマートにできたからOKとしました。ブレッドボードでの開発用ですから。
お決まりのLEDチカチカを書き込んで動作が確認できました。

DSC01240.jpg

ソフトの方は、ATmega168や328だけでなく、ATtiny2313や古いATmega8、ATmega48、88、8PinのATtiny45,13などを使えるように色々テストしていました。
サイト検索で実施例が沢山見つかるのですが、殆どが古いArduinoIDEのバージョン用(1.0.*)で最新の1.6.*やARMも対応した1.7.*ではなかなかうまく動いてくれません。
1.6.*でAttiny45を動かしているサイトを見つけ、そのファイルを参考にATtiny2313、4313やATmega48、8等はなんとか書き込みとLEDチカチカの動作まで確認ができました。
しかし、それぞれのAVRがもっている機能がどこまでプログラムできるのかは???の状態です。
実際に使ってみて確認するしかないかと思っています。

posted by ja6irk at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | AVR&Arduino
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/141496109

この記事へのトラックバック