2016年07月23日

WSPR 運用状況

先週の連休にWSPRの運用を始めたことを報告しました。
10MHz帯で1Wと1mの超短縮ホイップでアフリカまで電波が届いていることも確認できました。
使用しているビーコン発生器であるULTIMATE3Sはマルチバンドで送信することができ、先週取り付けたアンテナは10MHzと21MHzに対応しているため、この2バンドでこの約1週間24時間運用してみました。
10分おきに、10MHzと21MHzの信号を自動的に送信し続けています。
それらの電波の伝搬状況は、WSPERNET.orgのサイトの地図上で確認ができるのですが、24時間常時見続けるわけにはいきません。
そこで、絶対どこかにログがあるはずだと調べたら簡単に見つかりました。
http://wsprnet.org/drupal/wsprnet/spotquery
ここに自分のコールサインを入れて検索したい期間(最大2週間)を入れると、自分の電波のすべての伝搬状況の記録が検索されます。
それ以前の記録は、Downloadで1か月ごとのファイルでダウンロードすることができるようですが、自分のデータだけではなく全世界すべての周波数のログのようでファイルサイズも大きくダウンロード後に自分の記録を検索して抽出する必要がありそうです(やっていません)。
さて、これらのログを見ると何がわかるのでしょうか?
ローパワーでプアなアンテナではありますが、時間ごとの電波伝搬のパスがわかるのです!
これを1年中、また太陽黒点周期で見ていればいつどこを狙ったDXが可能かということがわかります。
勿論、これらは経験的に理解されている事象であり、最近ではCQ誌やサイトで伝搬パスの予測が掲載されており参考にすることができますが、電波伝搬は日々、刻一刻変化しており、自分自身でその状況を確認できるというのは大きな収穫だと思っています。
自分自身で電波を出さずとも、WSPRNETのMap情報からローカルさんのビーコン波の伝搬状況からも十分推察することもできますが。

先週Rigを設置していきなり届いた南アフリカでの受信情報です。

 2016-07-18 15:10 JA6IRK 10.140217 -27 PM95uo ZS6KN KG44bj 13501

 2016-07-18 14:40 JA6IRK 10.140217 -22 PM95uo ZS6KN KG44bj 13501
 2016-07-18 14:30 JA6IRK 10.140225 -23 PM95uo ZS6KN KG44bj 13501 
 2016-07-18 14:20 JA6IRK 10.140215 -26 PM95uo ZS6KN KG44bj 13501 

弱いながらも翌日も受信されていました。日本時間の夜11時半〜12時ころに開けているようです。

 2016-07-19 15:00 JA6IRK 10.140217 -27 PM95uo ZS6KN KG44bj 13501

残念ながら、この一週間では当局のパワーとアンテナでの伝搬が確認されたのはこれだけでした。
しかし、デジタルの力とはいえ、1Wと1mのアンテナで13501Kmの遠隔地まで飛んで行っていることが確認できました。
それ以外の遠隔地はというとアメリカ南部のテキサスで10576Kmです。

 2016-07-19 11:20 JA6IRK 10.140203 -22 PM95uo KD6RF EM22la 10576 
 2016-07-19 11:10 JA6IRK 10.140205 -22 PM95uo KD6RF EM22la 10576 
 2016-07-19 09:50 JA6IRK 10.140210 -23 PM95uo KD6RF EM22la 10576

南太平洋のオーストラリア、ニュージーランドなどの8000Km級、北米アラスカ5000Km級は比較的頻繁に届いています。

21MHzのほうはどうかというとあまりコンディションは良くないようで,
国内でも殆どつながっていません。
昼間に、国内海外ともにつながる時間帯があるようです。

 2016-07-19 02:02  JA6IRK  21.096109  -20  PM95uo  VK7BO  QE38mo  8595
 2016-07-19 02:12  JA6IRK  21.096109  -19  PM95uo  VK7BO  QE38mo  8595

 2016-07-19 22:42  JA6IRK  21.096110  -16  PM95uo  VK7BO  QE38mo  8593
2016-07-19 22:52 JA6IRK 21.096107 -14 PM95uo VK7BO QE38mo 8595 
 2016-07-19 23:02 JA6IRK 21.096103 -11 PM95uo VK7BO QE38mo 8595 
 2016-07-19 23:12 JA6IRK 21.096105 -13 PM95uo VK7BO QE38mo 8595
 2016-07-19 23:22 JA6IRK 21.096107 -14 PM95uo VK7BO QE38mo 8595
 2016-07-19 23:32 JA6IRK 21.096107 -11 PM95uo VK7BO QE38mo 8595
 2016-07-19 23:42 JA6IRK 21.096108 -12 PM95uo VK7BO QE38mo 8595
 2016-07-19 23:52 JA6IRK 21.096107 -15 PM95uo VK7BO QE38mo 8595
 2016-07-20 00:02 JA6IRK 21.096108 -9  PM95uo VK7BO QE38mo 8595
 2016-07-20 00:32  JA6IRK  21.096109  -10  PM95uo  VK7BO  QE38mo  8595
 2016-07-20 00:42  JA6IRK  21.096126  -6   PM95uo  VK7BO  QE38mo  8595 
 2016-07-20 00:52 JA6IRK 21.096107 -8  PM95uo VK7BO QE38mo 8595
 2016-07-20 01:02  JA6IRK  21.096110  -12  PM95uo  VK7BO  QE38mo  8595
 2016-07-20 01:12  JA6IRK  21.096110  -11  PM95uo  VK7BO  QE38mo  8595
 2016-07-20 01:42 JA6IRK 21.096109 -12  PM95uo  VK7BO QE38mo  8595
 2016-07-20 01:52 JA6IRK 21.096107 -14 PM95uo VK7BO QE38mo 8595
 2016-07-20 02:02 JA6IRK 21.096109 -13 PM95uo VK7BO QE38mo 8593
 
 2016-07-20 03:52 JA6IRK 21.096089 -23 PM95uo ZL3TY RE57om 9253 
 2016-07-20 04:02 JA6IRK 21.096089 -24 PM95uo ZL3TY RE57om 9253 
 2016-07-20 04:12 JA6IRK 21.096090 -2  PM95uo ZL3TY RE57om 9253 
 2016-07-20 04:32 JA6IRK 21.096090 -26 PM95uo ZL3TY RE57om 9253 

僅か30分ほどの間にSNRは20dB以上変化しており、安定した時間はほんのちょっとといったコンディションのようです。

このように、周波数、時間帯、地域での自局からの電波伝搬状況が手に取るようにわかります。
季節とともに変化もしてゆくのでしょう! 非常に興味深いデータがとれそうですのでしばらく運用を続けたいと思っております。
posted by ja6irk at 11:51| Comment(6) | TrackBack(0) | QRP-OnAir
この記事へのコメント
こんばんは。
JT65も免許をもらったので、やってみたいのですが手が付けられていません。
ULTIMATE3Sっていうのは、コンパクトでいいですね。1W+コンパクトアンテナでAFまで飛ぶなんてすばらしいです。
Posted by JK1LSE/本田 at 2016年07月23日 23:09
岩永さん、こんばんは。
さっそくWSPRのレポートを活用されていますね。 受信してくれる相手がいないことには如何ともし難いのでアフリカ方面はZSのほかは難しそうですが、かなり参考になりますよね。 あとは中南米の局が増えたら面白いのですが・・・。
私も10MHzの1日のコンデイション変化が掴めていなかったのでWSPRでの運用はかなり参考になりました。 時間帯を選べばかなりDXが出来そうですが、いまの季節はEu方面は難しそうでした。 VKやZLは何時でも出来る感じです。hi hi
Posted by JA9TTT/1 加藤 at 2016年07月23日 23:20
LSE 本田さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
開局当時はPHONE専門でしたが、この年になるとDXを追っかけるのにがなり立てる元気もなくて、この10年以上はCWが中心でした。PSKに興味を持ち、JT-65、WSPRの紹介を受け、最近はデジタル化の流れです(笑)
しかし、1Wで1mのアンテナでアフリカまで届いていたとは驚きでした。
2WayではないのでQSOというわけにはいきませんが、電波伝搬の参考にはなりますね!
Posted by ja6irk 岩永 at 2016年07月24日 10:48
TTT 加藤さん、おはようございます。
いつもありがとうございます。
WSPRのレポートはとても便利ですね!
あとで分析できるのがいいです。
コールサインさえ入れれば、自分だけでなく加藤さんの電波がどこまで飛んでいるかなどの解析もできますし。
この季節は、中南米はだめなんでしょうかね? 局がいないのかな?
欧州はだめみたいですね!
14MHz、21MHZも観測してみたいと思います。
Posted by ja6irk 岩永 at 2016年07月24日 10:52
私もUltimate3S(0.25W)で10MHzに出ています。
こちらの実績ですと,ヨーロッパは北欧まで,中南米は未体験ゾーンです。それら方面の壁は厚い?!ようですが,頑張ります。HI
Posted by JH4XSY/1 at 2016年08月15日 17:24
JH4XSY/1 岩本さんでしょうか?(サイト検索しました)
コメントありがとうございます。
0.25Wでカリブまで飛んでいるようで羨ましい限りです。
アパマンハムの典型的なアンテナの問題でなかなか飛びのいい状態は作れません。
Ultimate3Sはしばらく前に購入して組みててていたのですが、認定をとらない時期が続き、2月に申請してやっと7月に免許が下りましたので運用開始しました。
現在は、4Bnad超短縮ホイップを6Bandまで拡張し、7/10/14/21/28/50MHzで運用中です。
28MHzまではDXに電波が届いているようです。
50MHzは国内もまだレポートが上がりません。
0.8m程度のアンテナですし、50mW程度しか出ていませんので、コンディションのいい時に期待して電波出し続ける予定です。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by ja6irk 岩永 at 2016年08月15日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176194011

この記事へのトラックバック