2020年02月16日

HV5S 3.5MHz対応 & VN-80L5

01B013F6-E96A-4455-A030-9FC1986B8A1Bのコピー.jpeg

今日は一日中雨が降っていました。
先週は関西ハムシンポジウムでバタバタしていたのですが、今日は比較的時間がとれ、VNQさんのVN-80L5人柱版の詳細検討を行なっていました。
簡易ケースは、アクリル板の上下サンドイッチ方式ですが、ボタンや電源スイッチの穴が空いておらずまずこれらの加工を行い、とりあえず形を仕上げてみました。
次は、性能の詰めです。
幸にも昨日今日は、コンテストが開催されているようで多くのCW局が出て調整には便利でした。
しかし、3.5MHzのアンテナがありません。
そこで、おそらく出来るであろうと、所有していたダイアモンドのマルチバンドホイップ HV5Sの3.5MHz化を検討してみました。
と言っても、やる事は簡単で、ホイップの先端をワニ口で掴み、ヒゲの延長だけです。
追加するヒゲの長さは完全にカットアンドトライで、えいやっと5mほどのリードを接続し、TinyAntennaAnalyzerで共振点を測定して、リード線を切り詰めてゆき、3.5MHzまで追い込みました。

8873C5D7-A305-43A7-A517-501C75326016のコピー.jpeg

最初は3MHz付近でしたので、比較的簡単に共振させることができました。
正式に測定していませんが、追加したヒゲの長さは3.5mほどではないでしょうか?
これなら、あと8mほど追加すれば1.9MHzにも共振出来そうです。これは次にとっておきたいと思います。
アース側には、ラジアル?として22mの線材をベランダにばら撒いておきました。

7FA30BB2-ABB2-460F-B0A8-C90E910E15D1.JPG

Tiny Antenna Analyzerで測定した共振点の状況です。

A10A7064-351E-444D-B72D-3DD8C62CDD71.JPG   446BB9FD-8FFA-4A7F-8A85-C01572599299.JPG

やはり、ちゃんと共振したアンテを使用すると普段なにも聞こえない3.5MHzも結構CW、SSBでOnAirされているOMさんが沢山おられるのを実感する事が出来ました。
VN-80L5ですが、当局のメインリグであるIC-7300と比較するとノイズが少なく、明瞭度良くよく聴こえています。
特に、弱い局の明瞭度にはだいぶ差がありました。

posted by ja6irk at 23:49| Comment(5) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew
この記事へのコメント
先ほどまで、80mで素振りをしていました。中々、向こう岸まで飛びません。外来ノイズも高いので、これまた大変です。セットノイズが少ないのは良いですね。皆さん、着実に進化してます(焦り
Posted by JK1LSE at 2020年02月17日 00:03
当局のVN-160L5アンテナをIRK OMの真似っこでひげをのばして受信してみます。
Posted by 小畠 at 2020年02月17日 16:15
LSE 本田さん、こんばんは。
何のコンテストかわかっていませんでした。
本田さんの場合、素振りではなくて、フリーバッティングくらいではなかったのでしょうか?!
セットノイズが少ないのはいいですね!
だいたいどなたにお聞きしてもK2がいいようです。
612+1350+612のオーソドックスな構成ですよね?!
全体ゲインが少なめなのがいいのだと思います。
意外と時間がなくなりますので、早めにスタートしてください。何になるのか楽しみです!
Posted by ja6irk/3 岩永 at 2020年02月17日 20:30
小畠さん、こんばんは。
そうでしたね!
ハムシンポジウムで人柱版の最後の一台を入手されたんですね!
もう出来上がったのでしょうか?
1.9MHzはアンテナをどうするか、予測できていなかったので3.5MHzで作りました。
アンテナは、昔東京時代に自作6バンドホイップ(3.5MHzまで対応)の先に8mほどヒゲをつけて、1.9MHzで運用したことがあったので、既製品の7㎒の先にヒゲをつければ3.5㎒は行けるだろうと思っていましたので、やってみたらあっさり共振してくれました。
アンテナアナライザーがいりますが、大丈夫ですね!
1.9MHzもうまくいくと思います。
Posted by ja6irk/3 岩永 at 2020年02月17日 20:36
4日で完成しました。
極小パーツに、目がしょぼしょぼしています。Hi
ファームウエアが2.25にバージョンアップされたので、MPLAB X IDE忘れてますので再勉強中です。
アンテナは、岩永OMのアナライザーがありますので楽勝?と思います。
Posted by jr3bgt/小畠 at 2020年02月17日 21:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187167985

この記事へのトラックバック