2020年10月06日

PockeTATOR プロトファイナル

IMG_2903.JPG

めっきり涼しくなりました。
またまた、迷走台風?がやってきているようです。
プロト3で進化した簡易型ローテーターですが、眺めているうちに更に改良をしたくなり、更にシンプル化できました。
塩ビ管の異形ジョイントは使用せず、結局塩ビ管としては単なる筒を一種類だけ使用するにとどまりました。

IMG_2874.JPG

マストへの取付部もアダプター方式から一体型とすることによってシンプルになりました。

IMG_2875.JPG

その分、3Dプリンタで出力する部品が増えましたが取付アダプターを一体化したのでトータルではあまり変わっていません。
重量も更に200gほど軽くなり、当初より400gも軽くなって500gを切りました。

どのくらいのアンテナが回せるかですが、これまで430MHzの9エレ八木を片持ちで回していましたが、当局的には50MHzのアンテナも回したいと思っていて、今回50MHz2エレデルタループを作って回してみました。


とりあえず機嫌よく回してくれています。このデルタループは軽量化を狙ったので700gもありませんが。
風が吹くとかさが大きい分その影響で、回り方にむらが出ていました。負荷が大きいのだと思います。
回らないわけではないので当局的にこれで良いかと思っています。

今回、コントローラーも中華に頼んで基板化しました。結局適当なケースが見つからず、ケースも3Dプリンタで製作しました。
今回のコントローラーは、3CHのメモリー機能も追加し、回転方向を覚えさせてワンボタンでメモリー方向に向くようにもしました。

IMG_E2921.JPG  IMG_E2922.JPG
006P 9V電池も内蔵できるようにして電池での動作も一応可能です。

雨対策ですが、先月の台風の時の雨の数日間雨ざらしで使用しましたが、動作には影響なかったもののやはり内部への雨水の侵入が見られました。防水は全体をカバーするしかないようです。簡易型では難しいですね。
移動、ベランダでの使用なら何とか使えるでしょう。
これで、簡易型ローテーターはファイナルとして実際に使っていきたいと思ってます。
今回、50MHz2エレのデルタループを作りましたが、2m、430MHz、1.2GHzのアンテナもそれぞれちゃんと作って回したいと思ってます。
50MHzのデルタループも、エレメントホルダー、クロスマウントは3Dプリンタで製作しました。
別途紹介したいと思ってます。




posted by ja6irk at 17:01| Comment(2) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew
この記事へのコメント
遂に完成ですね!!
ローテーターを設置できてうらやましい限りです。

デルタループも後々で結構ですので紹介してください。

楽しみにしています。

ps
ソロソロ自作の会も再開したいですが会社で大勢の呑み会禁止状態ですのでまだ無理です(;^_^A
Posted by PUP at 2020年10月06日 19:19
日増しに完成度が増しますね。デルタループを動かす動画は壮観ですね。機構が良くわかりませんが防水はマブチの水中モーター宜しくグリスで接合部を塗るなり、軸受けにグリス溜まりを作るとか。昔軍艦のモーターライズプラモを作った時、スクリュー軸にグリス溜りを作って防水していました。
いつか実物を見るのが楽しみです。
Posted by 矢部 at 2020年10月13日 11:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187999382

この記事へのトラックバック