2012年03月04日

Hello Kitty MP3 Player

DSC02987.jpg

今日のネタではありませんが、せっかく写真を撮っていたので纏めて掲載してみました。
今日の話題は、中国から仕入れた「Hello Kitty MP3 Player」です。
最近、DDSボードやUSBaspライター、LCDパネルなど中国から色々仕入れているのですが、このサイトを色々見ていると、とにかく何でもあり、ついつい購入してしまう物があります。
その一つが、このMP3プレーヤーです。デザイン的には一昔前のiPodに似ています。しかし、寸法からは少し小さいようです。また、メモリーは搭載しておらず、microSDカードを挿入して使います。8GBまで対応しているようです。PCとのインターフェース、充電は、miniUSBとの接続で行います。音楽データは、特殊なソフトウェアは必要なく、USBメモリにファイルをコピーするようにMP3のデータをコピーするだけです。
なんと言っても、ユニークなのは、Kittyちゃんが印刷されている所です。

DSC02988.jpg

しかも、Kittyちゃんの袋も付いています。イヤホンも付いています。
USB-miniUSB変換プラグも付いています。

DSC03029.jpg

これだけ入っていて、なんと300円弱で買えます。と、言うことで10個も買ってしまいました。半分は友人にあげましたが。
買ったのはそれだけではなくて、Kittyちゃんイヤホンも買ってしまいました。こちらは、日本向け仕様のようで、ケースには日本語での解説が書かれていました。

DSC03030.jpg

著作はサンリオ、販売は日本限定と書かれており、おそらく、こちらはKittyショップや、雑貨屋さんなどで売られているものだと思います。こちらも、6個で6.5$くらいでしたので、1個85円程度しかしません。

購入して問題は、音が悪いことです。悪いというより低音がでません。おそらくカップリングコンデンサの容量が足らないのだろうと推定し、早速ばらしてみました。
ネジ2本でバラせます。非常にシンプルな構造で設計されています。これぐらいでないと、この値段では売れないのだと思います。

DSC02989.jpg

まず、音質対策です。イヤホンジャックの端子から一番近いチップ部品がきっとコンデンサであろうと推定し、とりあえず10uFのケミコンをパラ付けしてみました。正解です。一気に低音がアップします。しかし、普通のケミコンがこの小さいケースに入るはずもありません。
手持ちのチップ部品を探したらいい物がありました。積層セラミックコンデンサで10uFです。
これを積み重ねればよいと考え、ケースに入る分だけ3段重ねで取り付けました。
これで大幅低音改善できました。

DSC02996.jpg

10個も買ってしまったので、全て改造をしていた所、部品の取り付け位置が違う物があるのに気が付きました。何と、使用しているICが違うのです。外観は全く同じではあるのですが.....。
10個とも調べた所、1個だけが違うICでした。両方の型番らしき物からサイトで検索すると、GPDS208というICとAX2021というICであることがわかりました。いずれも中華製らしく、こうしたMP3プレーヤ専用に作られた物のようです。

DSC02992.jpg

DSC02993.jpg

確かGPDS208の方は、外付け部品が少なくてシンプルなのですが、ヒスノイズが大きかったです。
サイトの検索では、これらのICは1000個単位で1$以下で売られているようでした。おそらく、一気に大量に作って売り裁くのでしょう。
大変勉強になった、買い物でした。
posted by ja6irk at 23:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 徒然なるままに
この記事へのコメント
岩永さん、こんばんは。 興味深く拝見しました。 製品の品質云々は別としてもものすごい価格ですね。 それを改造する岩永さんも凄いです。岩永さんの人件費の方がずっと高いですよ。(爆)
Posted by JA9TTT/1 加藤 at 2012年03月06日 19:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54291433

この記事へのトラックバック