2014年05月04日

短縮バーチカルアンテナの実験

DSC00473.jpg

マンションの西側の壁面の窓から突き出したつり竿アンテナ+ATUでの運用は、コンディションがよければQRPで国内のQSOはあまり問題がなかったのですが、DXとなると、相手は良く聞こえているのに、50Wで呼んでも全くかすりもしない状況が続いていました。(設置状況は、前のBlog http://blog.toshnet.com/article/93595646.html
アンテナが、ATUによる強制マッチングであることと、10m程度のカウンターポイズを壁面に這わしているもののアースの問題もあると考え、各バンドに共振したアンテナと、前のマンションで結果が良かったネット網を使ったアースを実験してみました。
まず、共振型のアンテナですが、当然フルサイズはありえなくて、モービル用程度の短縮ホイップを作ることにしました。(最初の写真)
実際の設置を考えると、とにかく軽く作ることが重要と考え、基本は釣竿の先から2m程度をベースにして、短縮コイルは、ペットボトルをベースにアルミ線を巻きました。

DSC00456.jpg

10mを約2m、1/5に短縮しますので、コイルのQは出来るだけ高くしようと考え、ペットボトルは2lサイズのものを使用し、直径は90mm巻き幅も90mmで54μH程度となるようにしました。
コイルがアバウトなのは、わに口クリップでターン数を調整してマルチバンド化を計画しているからです。
(インダクタンスメーターでは57μHとでました)
釣竿へのコイルの固定はペットボトルを切り開いてベロを作って折り曲げて穴を開けてそこにつり竿を通して固定しました。(写真のほうがわかり易いと思います)

DSC00461.jpg

DSC00462.jpg

DSC00463.jpg

DSC00466.jpg

DSC00465.jpg

DSC00469.jpg

最終的に重量はM型のコネクタを含めて、160gと非常に軽く作ることができました。

アースは、ベランダにあるボルト部分(洗濯棒を乗せる台の固定ボルト等)にとって見ましたが、結局うまくいかず、100金で売っているハンガーネットをワイヤーではんだ付けして繋いだものを仮想アースとして使用しました。前のマンションでもいい結果が出ていたので確実な方法かもしれません。

DSC00477.jpg
(ハンガーネットは、立て掛けているだけ)

出来上がったアンテナは、南側のベランダに仮設、斜めに突き出して、各周波数(7,10,14,18,21MHz)で共振するようにわに口クリップでのターン数を調整しました。

DSC00472.jpg

調整には、先日作ったFRMSにSWRブリッジを接続し、スキャンして、SWRが下がる共振点を探しながらクリップ箇所を決めて行きました。

DSC00479.jpg
(50Ωのダミー抵抗を接続した測定結果、-40dB以上取れているのでSWR1近くまで測定可能)

FRMS+SWRブリッジでの測定される共振点で、実際に試験電波を出してSWRを測るとぴったり一致していました。こういう用途には便利だと自分ながら感心しています。

DSC00474.jpg

DSC00478.jpg

とりあえず調整が終わったのは夕方になってからですが、早速使ってみました。今日だけの成果ですから正しい評価とは言えませんが、先日、全くかすりもしなかったW7が7MHz50WでWorked、18MHz20WでヨーロピアンロシアがWorkedできました。
結局、30ターン巻いたコイルは7MHzでも20ターンしか使っていませんので、ペットボトルは500mlのにしてターン数を上げて巻き幅を直径と同じくらいにしたほうがQを上げられるかもしれません。
(そう信じているだけで実際のQがどうなっているかは?ですが)
大きな問題は、20mの同軸を南側のベランダからジャックがある北側の部屋まで引っ張りまわさなければならないことです。従って、実験後は同軸ケーブルは既にベランダ側に巻き取ってあり、今は運用が出来ないのです(ToT)
posted by ja6irk at 22:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然なるままに
この記事へのコメント
こんばんは。
眺めが素晴らしいですね。飛びそうに見えますが、工夫をしないと難しいようですね。

ディスプレー付きFRMSは便利ですね。RF-1という簡易アナライザーを持っているのですが、数値でしか表示されないので、自分でスキャンしないとわかりません。表示で直感的にわかるのがいいですね。
7MHzのリニアローディングGPを調整するのにブリッジとTG付きスペアナを外に持ちだして大変でした。大変だったので、1度きりでそれ以降やっていません。


私が使っているPICのコンパイラMikroC PROにも、グラフィックLCDの組み込み関数がありました。秋月のものも、KS0108互換のようで、制御できそうです。

みなさんのを見せてもらうと、やりたいこといっぱいで何処から手を付けてよいか混乱気味です。hihi
Posted by 本田/JK1LSE at 2014年05月05日 23:17
JK1LSE 本田さん、コメントありがとうございます。また、土曜日はありがとうございました。
そうですね! 懇親会に参加すると皆さんの成果物に刺激され、色々やりたくなりますね!
当局も、中途半端に手を出しているものがたくさんあります(笑)
そうですか、マイクロCでもグラフィックLCDの関数があったということで良かったですね。
また、新しいトライをされて見せてください。
コントとも宜しくお願いします。

Posted by jn3xby 岩永 at 2014年05月06日 20:49
岩永さん、こんばんは。
アンテナの様子が良くわかりました。 地上高が高くてFBなロケーションだと思って拝見しておりました。 良く飛んでくれたら良いですね。 またJT-65ででもお願いします。
Posted by 加藤 JA9TTT/1 at 2014年05月16日 22:29
TTT 加藤さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
ベランダは南側で見晴らしはいいのですが、ケーブルをシャックまで持っていけなくて悩んでます。
シャックの窓は西向きで、隣のマンションが邪魔しているのですが、簡単にOnAirするにはここへの設置が必須です。
ただ、ベランダではなく、窓には手すりのみなので設置の方法と、アースが問題です。
とりあえず設置して、SWRは下がる状態にはなっているのですが、アースが問題なのでしょう! やはり飛ばないです。
面積は稼げないのですが、100円ネットの仮想アースを検討しようかと思っております。
Posted by jn3xby at 2014年05月18日 12:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95347919

この記事へのトラックバック