2016年01月04日

初仕事

IMG_0258.JPG

今年は非常に暖かい良いお天気の3が日でしたが、あっという間に終わりました。
いつまでも謹賀新年というわけにもいかないので、今年の初仕事を掲載します。
一昨年来、高精度病に罹って色々実験を繰り返していたのは、これまでの記事のとおりですが、周波数精度を観測するのには、周波数カウンタがまず必要な測定器となり、当然、これまで持ち合わせていなかった桁数の多い周波数カウンタの中古品を購入しました。(元々、1Hz台まで測れる校正された周波数カウンタを持っていなかったことから、高精度病に罹患してしまったのですが)
Agilent(旧HP)の53181という周波数カウンタです。
ゲートタイム2秒で12桁(10MHzの場合、100μHz)まで測れるものです。
これは、単なる周波数カウンタではなくて、任意のゲートカウントでの(例えばN=100)平均値やMAX、MIN、標準偏差まで計算して求めてくれる優れものです。
普通ならこれで十分なのですが、どうも高精度を扱っている人々は、この53181ではなく、53132、53131というのが標準でよく使用されているらしいと知って、無性に欲しくなってしまいました。
名称も周波数カウンタではなくて、ユニバーサルカウンタになっています。入力が2つになっていて2つの信号の時間差なども測れるようです(当局の場合いらない機能なのですが)。
それ以外の差が何なのかはよくわからず、中古品でも比較的高価なものですが、安物を見つけてポチってしまったのです。
ところが、安物買いの銭失い、とは言ったもので安過ぎたのか(それでも結構高かった)電源は入るものの初期テストでエラーが出て測定できません。ショックを受けてそのままほおってあったのですが、もし2台目も動作不良でも2台あったら1台くらい修復できるだろうと、また同じようなものをポチってしまったのです。
それで写真のように、12桁カウンタが3台にもなってしまったのです。
しかし、ラッキーなことに3台目は動いていました。
その状態で年を越してしまったのですが、今年の初仕事は動作不良の1台の修復でした。
初日早々、中古のゴミだらけの測定器を開いて(といってもこの測定器は主要基板が3枚しかありません)、
まず電源基板の電圧を測って比較しました。異常ありません。でも、と思い、電源基板を入れ替えてみました。
なんと動くではありませんか。
電源基板の出力電圧に差はありません。おかしいなと思い、実装した状態で電圧を測るとなんと-12Vが小さい値になっていました。負荷をかけるとレギュレータがちゃんと動作していないようです。
基板の電圧を測ったときは、基板をはずして無負荷の状態で電圧を測っていたので気づかなかったのです。
レギュレータの回路を基板で追っかけたら、3端子レギュレータでの簡単な回路でした。
-15Vの3端子は沢山持っているのですが、-12Vがあるかと家捜ししたら、1個だけありました。(正月早々秋葉原に行かなくてすみました)
これを交換したら、無事修理完了、動作不良だった53131も無事動作品に変わりました。
2台の53131は古い製品ですので長時間使用されていたせいか、FANの音がうるさくなっていました。こちらもたまたま保有していた同形状(40mm角)のFANがありましたので2台とも交換してとても静かになりました。
一番上が、自分の基準信号を、下2台がルビジウム信号源を測定した値を表示しています。
53131を購入してわかったのですが、周波数カウンタとしては53181と同じ性能であることがわかりました。
ゲートカウント2秒で12桁表示です。更に高い53132はゲートカウント1秒で12桁精度が出せるようです。それ以外は保有していないので良くわかりません。しかし、そこまで必要ないあな〜というのが実感です。
12桁カウンタが3台並ぶと壮観ですが、3台あっても場所を取るだけなのでそのうち2台は処分しようと考えています。
最初に購入した53181がAgilent製で(2台の53131はHP製)新しく綺麗でもあるのですが、残すならやはり悩んだ分もあるので53131かな!?と考えています。
今年の正月の初仕事でした。


posted by ja6irk at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2015年12月31日

周波数安定度比較

今年も早いものでもう大晦日になってしまいました。
9月の末に慌てて何か書かなくちゃと生存証明を書いてから、
早3ヶ月です。

今年は、昨年の高精度病から脱却して新しいことを始めようと、前半は、AirBand受信機を作ったり、Arduinoを始めたり、IoTを気取ってWiFiモジュールをいじったり、蛍光表示管でGPS時計を作ったり、タッチパドルを作ったりしてハムフェアまでを迎えたのですが、ある時aitendoでNEO-6Mなる新しいGPSモジュールを見つけて、また高精度病復活となり後半を過ごしてしまいました。

更にお世話になっているOMさんからModulationDomainAnalyzer(MDA)なる面白い測定器を譲っていただき、昨年にも増して深みにはまってしまったというのがこの1年でした。

しかし、頭の中では漠然とわかっていたことが実際に色々とやっているうちに更に理解が深まり、これまでにやったことをあらためて測定を行い整理してみて、なるほど言われている通りだったんだということを知った有意義な1年でした。

何も新しいことはありませんが、実際に測定したデータで比較したものは今まで見たことがなかったので当局的にはとても新鮮でした。

また、周波数カウンタだけでは周波数の安定度は測れないということも初めて知ることができました。

そこで、今年最後の記事はXTAL、OSO、TCXO、OCXO(シングルオーブン)、OCXO(ダブルオーブン)、ルビジウムとNEO-6MというGPSモジュールのクロック出力の周波数安定度比較した測定データを並べてみました。
単なる測定器の写真データの比較ですが、ご参考にでもなればと思います。

俗に色々な文献で周波数の安定度は概略次のように言われています。

XTAL 10~5 TCXO 10~6 OCXO 10~8 ルビジウム 10~10 
セシウム 10~13以上

経時変化はこれの1桁上ほどの変化があるといわれています。
今回は、この初期性能の確認が目的です。

もちろんセシウムは持っているはずもないので確認できていません。

(1)XTAL 10MHz

XTAL 10MHz XTAL.jpg

XTAL 10MHz.jpg
適当な定数で組んでおり調整もしていないのできっちり10MHzではない



カウンタで見る限り、0.1Hz台以下での変動である

XTAL 10MHz MDA 1Hz.jpg
スパン1Hzでの周波数変動のヒストグラムです。これも1Hz以内に見えます。
標準偏差も200mHzを切っていますので、3σ(99.7%をカバー)で600mHz以内の変動ということになります。
結構優秀です。

XTAL 10MHz MDA 10Hz.jpg
スパン10Hzで比較的長時間見ると標準偏差500mHzになっています。それでも1.5Hz以内になります。
1.5×10~7の安定度というところでしょうか!?

XTAL 10MHz オシロ.jpg
1石で簡単に作った発振回路ですが結構きれいな波形が作れてます。

(2)OSC

OSC 12MHz .jpg
いわゆるXTALオシレータです。10MHzに近い手持ちが12MHzでした。130Hzほど低い発振です。


こちらは更に1桁低い動きに見えます。20秒間では約0.1Hz以内の変動です。

OSC 12MHz MDA 2Hz.jpg
スパン2Hzでのヒストグラムです。カウンタの測定値と違って結構動いています。標準偏差は約500mHzですから3σは1.5Hzですから、結果としてはXTALと同じ位の変動は幅となっています。

TCXO 12.8MHz オシロ.jpg
このオシレータの出力波形はノコギリ波に近い波形でした。

(3)TCXO

TCXO 12.8MHz.JPG
昔、秋月で売っていた京セラ製の12.8MHzのTCXOです。
これも20Hzほど低い発振周波数となっています。


これは優秀です。20秒間で10mHz以内の変動幅です。

TCXO 12.8MHz MDA 1Hz.JPG
スパン1Hzでのヒストグラムです。この測定では結構変動幅があります。標準偏差70mHzですので3σで約210mHzの変動幅を持つことになります。
2×10~8の安定性能ということになります。

TCXO 12.8MHz オシロ.JPG
このTCXOも出力波形はノコギリ波に近い形になっています。

(4)OCXO 5MHz(TOYOKOM製 シングルオーブン)

OCXO 5MHz TOYOCOM.jpg
昨年のハムフェアで仕入れたシングルオーブン型のOCXOです。

OCXO 5MHz.jpg
外部周波数可変端子はオープンでの発振周波数です。3.5Hzほど高くなっています。

さすがOCXOです。1mHz以内の変動幅で観測されています。

OCXO 5MHz MDA 1Hz.jpg
スパン1Hzでのヒストグラムです。TCXOと比較して非常に変動幅が小さくなっています。

OCXO 5MHz MDA 50mHz.jpg
スパンを50mHzで観測したときのヒストグラムです。標準偏差は9.6mHzですので、3σは約30mHzの変動幅ということになります。
3×10~8の安定度ということになります。

OCXO 5MHz オシロ.jpg
出力波形は、ほぼ矩形波のようです。

(5)OCXO 10MHz(MORION製 ダブルオーブン)

OCXO 10MHz MORION.jpg
ebayで仕入れたロシア製ダブルオーブンの10MHzOCXOです。日本ではオーディオ用標準信号としての用途で急騰しているようです。

OCXO 10MHz.jpg
これも周波数可変端子はオープンでの測定です。0.2Hzしかずれていません。


これも1mHz台での変動です。カウンタでは、シングルオーブンより動いているようにも見えます。

OCXO 10MHz MDA 1Hz.jpg
スパン1Hzでのヒストグラムです。

OCXO 10MHz MDA 50mHz.jpg
これはスパン50mHzでのヒストグラムです。標準偏差も約9mHzですのでシングルオーブンと大差はありませんが、発振周波数が2倍だということを加味すると変動幅は半分ということになります。

OCXO 10MHz オシロ.jpg
これは正弦波の出力波形です。

(6)ルビジウム 10MHz(FE5650)

ルビジウム10MHz.bmp
昨年調整したルビジウムです。0.0001Hzのずれですが、ここまでくるとカウンタの基準とどちらが正しいのかわからなくなります。


0.0006Hz以内の変動幅です。これも基準の変動との違いは見分けられません。

ルビジウム 10MHz MDA 1Hz.jpg
スパン1Hzでも変動幅が非常に狭く観測されています。

ルビジウム 10MHz MDA 50mHz.jpg
スパン50mHzでのヒストグラムです。標準偏差は1.7mHzです。3σで約5mHzの変動幅です。
5×10~10の安定度ということになります。
使用した周波数カウンタも、MDAも基準発信器はもうひとつのGPS制御されたルビジウム(LPRO-101)で、安定度は被測定ルビジウムと同じ程度と思われますので、これくらいの値になるとどちらの安定度を測っているのかわからないと思います。

ルビジウム 10MHz オシロ.jpg
これも出力波形は、正弦波です。

結論から言うと、XTALは言われているより1桁くらい良いのかな?という結果でした。後は大体言われているような性能でしょうか?!

しかし、どこまでの精度を要求するかにもよりますが、経時変動で1桁は動くことを考えると何か周波数標準がないと不便であることも事実ではないかと思います。
もちろん校正されたルビジウムがあれば1桁狂ってもmHZ台だと思いますので全く問題はないでしょう!
ただし校正されていることが前提となります。
ルビジウムも調整トリマがついており数十mHzは平気で動かせます。
ダブルオーブンのOCXOもたまたま開放で初期値は良かったのですが外部端子で数Hzは動きます。
どのくらいの精度があったのかは今では知る良しもありませんが、昔秋月からカラーバースト信号を基準にした10MHzの基準信号源がありました。実は当局も買っていたのですが、作らないうちにアナログTV放送がなくなってしまいました(笑)
XTALを使った周波数カウンタをいくつか作りましたが、こうしてみると作ったカウンタの基準を正しく合わせられないと何を測っているのかわからなくなります。
昨年、高精度病に罹っていったのはここに原因があったわけです。
周波数カウンタを合わせるのに、カウント桁数の多い周波数カウンタを購入して、それの基準周波数がかなりいい加減でこれを合わせるのにルビジウムをお借りして合わせて、それでもどんどん変化するので結局ルビジウムを購入して、カウンタも12桁まで読めるものだから100μHz台の変動が気になってしまってという泥沼です。
もし、購入した周波数カウンタが10mHzまでしか読めなかったらこれほど酷くはならなかったのではと思っています(笑)
購入した周波数カウンタでそこそこの安定度が得られても、実は正しく測っているとは限らないということもわかりました。
例えば、1秒間のサンプリング(ゲートタイム)で半分が15MHz、半分が5MHzであっても周波数カウンタの表示は10MHzとなるのです。
これを繰り返していた場合、カウンタはずっと10MHzを表示し続けます。

MDAはこの動きを観測できるのです。もちろん、MDAであってもサンプリングタイムには限界がありますから同じようなことが起きていると思います。周波数カウンタにも標準偏差を測定計算する機能があるのですが、一致しません。どちらも目安と思って使用するべきではないかと。
要は、使う側が理解して使わないと一喜一憂してしまうということだと思います。
当局はそれを知りました。

いずれにせよ、アナログTV放送がなくなった後の現在、基準に使える信号が見当たらず困っている局も多いのではないかと思いますが、ルビジウム精度を求めるのでなければ(0.1Hzが合わせられる)、比較的安く入手できる便利なものを見つけました。それが、aitendoで見つけたNEO-6MというGPSモジュールです。

通常GPSモジュールは1Hzの基準信号が出力されていることが多いのですが、このモジュールはスペック外ですが〜10MHz間での信号を出力することができます。
この信号はセシウムを基準とした周波数制御が行われているGPS制御で生成される信号なので基準信号になるのではと思ったのです。

サイト検索をすると当然既に検討された方が多くいらっしゃいます。このモジュールは内部基準が48MHzで動いているので整数分の一ではない10MHzはジッターが多くて使えないとの評価でした。逆に整数分の一の周波数なら使えるのではないかと思いました。例えば、8MHz、6MHz、4MHz、1MHzなど。
それで実施した実験での測定結果が以下の通りとなります。

(7)NEO-6M 8MHz

NEO-6M 8MHz.jpg
そこその周波数精度が出ています。


20秒間の観測では±50mHz程度の安定度です。

NEO-6M 8MHz MDA 50Hz.jpg
スパン50Hzでのヒストグラムです。なんと標準偏差約3Hzです。3σで15Hzの変動幅となります。
GPS制御されていますので中心周波数は6mHz程度のずれですが、基準に使うには変動幅が大き過ぎます。

NEO-6M 8MHz オシロ CLKOUT.jpg
出力クロックは、整数分の一でそれなりに安定しているようには見えるのですが....

NEO-6M 8MHz オシロ.jpg
先のクロックを2じのBPFを通して正弦波化した観測波形です。綺麗な正弦波になっています。

(8)NEO-6M 6MHz

周波数カウンタの写真を撮るの忘れました。


20秒間の動画では、±100mHz以内で変動しています。

NEO-6M 6MHz MDA 50Hz.jpg
これもスパン50Hzでのヒストグラムです。標準偏差2.6mHzを超えています。中心は16mHzのずれですが。

NEO-6M 6MHz オシロ.jpg
同じく、2じのBPFを通した波形です。

(9)NEO-6M 1MHz

NEO-6M 1MHz.jpg
1MHzです。


±20mHz以内の変動に見えます。周波数カウンタの校正用には使えるかもしれません。

NEO-6M 1MHz MDA 5Hz.jpg
スパン5Hzのヒストグラムです。標準偏差490mHzです。中心は2mHzのずれですが、周波数が1MHzということを考えると大きな変動幅だと思います。

NEO-6M 1MHz オシロ CLKOUT.jpg
BPFを作らなかったので出力波形のみです。矩形波です。

(10)NEO-6M 10MHz

IMG_0215.jpg

NEO-6M 10MHz.jpg
10mHz台が観測できます。


最大で±80mHzの変動といったところでしょうか!

NEO-6M 10MHz MDA 500mHz.jpg
スパン500mHzのヒストグラムです。標準偏差は約100mHzとこれまでの中では一番安定しています。3σは300mHzということになります。
中心周波数のずれも129μHzとなっています(たまたまだと思います)

NEO-6M 10MHz オシロ CLKOUT.jpg
クロックアウトです。同期が取れません。これまでの評価でジッターが多いというのはこのことだと思います。基準クロック48MHzで、約1/5でしかも整数分の一ではないためDDSの原理から複数の周波数が見れているのだと思います。しかし、サンプリングの定理からすればちゃんとしたBPFを通せば正弦波は得られるはずです。

NEO-6M 10MHz オシロ.jpg
2次のBPFを通した波形です。BPFはaitendoの10.7MHzのコイルを2つ使いました。
しっかりとした正弦波が出ています。出力も約1.5V(50Ω終端)出ています。

波形だけ見れば8MHzや6MHzのほうがよさそうですが、3σの値でHzオーダーで動いているのを見てしまうと中心周波数はそれほどずれていないので多分大丈夫だとは思うのですが、なんとなく気分が良くありません。

10MHzは、直接出力波形だけを見ると使えないと思うのですが、チャンとフィルタリングしてやれば3σで300mHzしか動いていませんし、中心周波数もかなりの精度となっていますので、周波数カウンタ合わせの基準信号としては100mHzいや10mHz台まで校正できる基準として使えるのではないかと思います。
このGPSモジュールは、aitendoで1980円しかしませんし1個50円のコイルが2個とコンデンサが1個、インバータロジックICが1個、抵抗が4個全部で基板を入れても2500円もかからないでしょう!
GPSモジュールのパラメータ設定にUSB-シリアル変換モジュールがいるので持ってなければ後500円位かかりますが、いずれにせよ安価で手軽な周波数基準信号が手に入ることになります。

回路図は掲載しませんでしたが、希望の方がおられましたら送付したいと思います。

校正の必要は全くありませんので、ローカルさんがいなくてもいつでも基準信号が手元にあることになり便利だと思います。もちろんGPS方式ですから、アンテナは窓際か窓の外に出す必要がありますが、合わせるときだけですから、何とかなるでしょう。

しかし、何故10MHzだけが良い結果になったのかはわかっていません。GPSモジュールのメーカーの人だけが知る原理があるのかもしれません。

もっと精度の高い基準の検討も色々やって入るのですが、まだこれといった結果が出ていないのでもうしばらく病気は続くのかもしれません。
早く治らないと、次の自作もできないし、ここしばらくOnAirもできていないのでとか思いつつ2015年もあと少しとなりました。
ここまで読んでいただいた方々には、かなりの長文でしたのご苦労をおかけしました。
御礼を申し上げます。
来年は長文にならないようにもう少しBLOGのアクティビティもあげられればと思います。
2015年、大変ありがとうございました。
来る2016年も宜しくお願い申し上げます。

【追記:2017.9.14】
(10)NEO-6M 10MHzの回路図について、各局さんからお問い合わせをいただいておりますので、手書きで申し訳ありませんが、すでにお送りさせていただいたものと同じ情報を下記に掲載いたします。
ご参考になればと思います。

GPSモジュールはaitendoで売っているNEO-6Mを使用しているものが使用できます。
最近では、アマゾンで1000円もせず売っている「Arduino TE518対応 飛行制御 EEPROM GY-NEO6MV2 NEO-6M GPSモジュール」あたりが、安くてパルス出力も端子で出ていて改造が必要なく便利だと思います。
当局は、ALIEXPRESSで同じものを2個、もっと安い価格で入手しましたが、2個ともはんだ付け不良で不動作でした。半田の手修正で2個とも完動品となりましたが、リスクがあることを認識する必要があります。
また、パルス出力10MHzはスペック外ですので自己責任でお願いします。
パルス出力10MHzの設定には、NEO-6Mのメーカーが提供しているツール(無料)での書き込みが必要になります。
書き込みのためには、USBシリアルのI/Fも必要になります。
このあたりの手順も自己責任でお願いいたします。

IMG_0397.JPG

posted by ja6irk at 18:55| Comment(12) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2015年04月04日

FT-817用 世羅多フィルタ製作 その後

DSC01024.jpg

前回の実験と製作はうまく行ったのですが、残念なことに基板をさかさまに作ってしまいFT-817のケースのふたを閉めることができませんでした。
そこで、もう一回気をとりなおして基板を作り直しました。
真剣に探したわけでもないのですが、FT-817に使用されている2mmピッチの基板to基板のコネクタも見つかりそうにもなかったので、2.54mmピッチの8pinICソケットを片側ずつに切り離して使用しました。

DSC01025.jpg

DSC01023.jpg
こんな風にFT-817の本体基板のコネクタに刺さっています。

実際には、スピーカの端が少し当たっているようにも思いますが、ふたは無事に閉まりました。
めでたしめでたしです。

DSC01022.jpg

フィルタの素子数は、JA9TTT加藤さんのオリジナルと同じく5素子としました。切れ具合にそれほど差があるようにも思えませんでした。

posted by ja6irk at 12:12| Comment(0) | TrackBack(1) | QRP-HomeBrew

2015年03月22日

FT-817用 世羅多フィルタ製作

DSC00994.jpg 

先日、ネットサーフィンしていたらiCOMさんのHPで冨川OMが寄稿されている製作記事BEACONの中にセラミック発振子の周波数を変える記事を見つけました。このときひらめいたのは、周波数を変えたセラミック発振子を5素子、6素子と作れば中心周波数455KHzの世羅多フィルタができるのではないかということです。
 世羅多フィルタはJA9TTT加藤さんによるラジオ用セラミック発振子を用いたフィルタですが、出来上がったフィルタは、中心周波数が発振子の周波数より低くなってしまいます(おおよそ10KHz程度)。
自作のTRXなどに使用する場合は、これでも問題はないのですが(局発の周波数を対応すればいいから)、メーカー製のTRX等では、中心周波数が455KHzものが必要となってきます。
 当局も、FT-817の中古が安くなったので入手していたのですが、CW用のフィルタは本体の入手金額の半分以上の14000円程度もするので、購入していませんでした。世羅多フィルタを使用したQRP TRXは自作機があったから、まあいいかといった感じです。
 http://blog.toshnet.com/article/5109739.html

 しかし、上記記事を見つけ、作ってみたくなり検討から始め、そこそこに良い感じにできましたので紹介します。

 セラミック発振子として使用したのは、以前共同購入で大量に入手していた中華製のCRB455というものです。今でも、100個 送料無料で9$程度で売っているようです。
 記事に従って、セラミック発振子の中を開き、四隅を削って共振周波数があがるのを確認し、まず1素子のフィルタ回路を作って、加工したものが455KHzにできるだけ近づくように少しずつ削ってゆきました。
削りすぎると周波数が高くなり、元には戻せないので不良品となります。従って、周波数を見ながら少しずつ削ってゆきます。

DSC00977.jpg
発振子のケースをニッパでむしりとった
DSC00978.jpg
わきも同様
DSC00979.jpg

DSC00981.jpg
発振子が電極にサンドイッチ状に入れてある
DSC00983.jpg 
右が削る前、左が削ったもの
DSC00984.jpg
削る前の共振周波数
DSC00986.jpg
削ってゆく途中の共振周波数
DSC00987.jpg
完成した共振周波数(スペアナの表示は違っているが、正しく455kHz)
DSC00993.jpg
フィルタとして構成した時の共振点の特性(山なり)

 勿論、全く同じ455KHzものが作れる筈もありませんが、大体±100Hzに合わせ込みました。5素子ほど作ったところで、世羅多フィルタを構成し、ちゃんと455KHzになっているか確認します。センターは50Hz程度ずれていましたが、まあ使えるだろうとそのまま進めました。
 このフィルタは-3dB帯域を5,600Hz程度を目標にしましたので、入出力インピーダンスが35Ω程度となっており、FT-817に実装するには2KΩにインピーダンス変換する必要があります。ここは、JA9TTT加藤さんの設計を参考に手巻きで7mm角コイルの変換器を作りました。しかし、」挿入損失が-17dB程度あり、フィルタのOn/Offでかなりの音量差が出ていました。3素子で我慢できるかな?といったところでした。コイルを巻きなおしたり色々やって見ましたがうまくいかず、FT-817の本体基板から電源を取ることを前提に、FETアンプを挿入することにしました。これも、加藤さんのSR-7用に設計されたものを参考にしました。

DSC00995.jpg
アンプを入れる前
DSC00996.jpg
実装した時の様子(これで十分実用的)

 どうせアンプ入れるならとフィルタを6素子にし、基板も作ってみました。最初は、蛇の目基板での実験でしたが、結果として、蛇の目基板でも再現性に変わりはないようです。
 結果としては、非常に良い感じのものができました。INRAD等の良いフィルタと比較にはならないのかもしれませんが当局的には、大満足です。以前に仕入れた 安い発振子と、分けていただいていたコイルボビンと線、手持ちのコンデンサ、FETなどを使用しましたので、今回の製作に掛かった費用はゼロでした。
ゼロから集めても2000円はしないと思います。

 FETアンプの電源は、オプションフィルタ用の端子からは取れないので、結果としてスピーカコネクタのすぐ横にあるAFアンプ用のICの端子に半田付けして取りました。(Pinピッチが一番広くて取りやすかったから)

 このフィルタを製作するには、周波数特性を測るFRMSやスペアナ(トラゼネ付き)が必要です。また、中心周波数が重要ですので、10Hz程度以上の精度のある安定した周波数カウンタか基準信号が必要になります。100Hzズレて製作したら何を作っているかわからなくなるのではないかと思います。
 昨年は、周波数高精度病になり、RbOSCやGPSカウンタ等を入手、また作っていましたので役に立てることができました。
 また、基板本体から半田付けで電源を取りますので、もし、まねをされるのであれば自己責任でお願いします。

DSC01016.jpg
基板化したフィルタ

FT-817世羅多フィルタ20150321.BMP
回路図
DSC01010.jpg
実装した様子(上に飛び出している)

フィルタの切れ具合と聴感が聞けます。

 しかし、とても残念なことに、蛇の目基板では裏返しに製作し蓋ができたのですが、基板化する時に裏返しに作ることを忘れてしまい、蓋が閉められない構造になってしまいました。工夫をするか、もう一回基板の作り直しです(トホホ)

追伸:使用したセラミック発振子は、封を開けて削って使用していますので、経年変化に対しては全く考慮されていません。物理的に機械共振だと思うので大丈夫だとは思いますが、湿気や温度での性能変化は?です。


posted by ja6irk at 19:28| Comment(2) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2015年01月18日

エアーバンド受信機U

ケースベルト1.jpg

先週に続いて、エアーバンド受信機の仕上げをしていました。
まず、適当に作った基板のためにケースに入りきれなかった分を外側ケースを作ってつなぎました。
薄いアルミ板を巻いただけですが、それなりにアクセントになったかと自己満足です。

ケースベルト.jpg

航空無線は短いやり取りの繰り返しで、受信していない時のノイズも気になったので、スケルチを追加しました。
幸いにもラジオICのAGC電圧出力があるので、これをマイコンのA/D変換で読み取って、無信号レベルでAF回路にTRでミュートを掛ける様にしました。
元々マイコンのポートは一杯だったのですが、7SegLEDの表示桁を8桁から7桁に減らして、ドットポイントの表示もやめにして2ポートを捻出しました。
また、折角AGCレベルを読んでいるのでSメータ機能も追加しました。
こちらは、どう表示するか悩みましたが、信号を受信してスケルチが開いた時に、バー表示するモード(このとき受信周波数は表示されない)と、

S表示2.jpg

S表示4.jpg

左端の周波数ステップモードとチャンネルメモリーモードのところを、数値でS表示するモードを用意しました。切り替えスイッチは1つしかないので、周波数ステップモード、チャンネルメモリーモードの切り替えボタンをもう一回押すとバー表示モードと数値表示モードをトグルで切り替えるようにしました。

S表示1.jpg

S表示3.jpg

改造ついでに、KG-ACARS用のAF信号出力とその周波数のメモリーチャンネルを追加しました。
しかし、残念ながらKG-ACARSのデコード率は良くありませんでした。サイトで調べるとメーカー製のRXでもデコード率は良いものと悪いものがあるようなので、まあこんなものかと割り切りました。

posted by ja6irk at 16:50| Comment(3) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2015年01月11日

エアーバンド受信機

概観斜め.jpg

今年最初の自作です。
親しくさせていただいているOMさんが年末からエアーバンド受信機の製作をされているのに刺激を受け正月の休みも手伝って当局としても製作してみました。
エアーバンドは保有のリグでも受信できるので敢えて作る必要もなかったのですが、過去から実験のみに終わっている中華製DDSや、これもOMさんから分けていただいたままになっているロシア製も製品化されているAFパワーアンプも内蔵している1ChipラジオIC(オリジナルはTA7316?)、などに加え最近入手した超小型のmini7SEG LEDも使ってみたくなり、以下の条件をつけて自作してみました。

1) 分けていただいたラジオICで実用品を作る
2) 中華製DDSも実用品に活用する
3) mini7SEG LEDを使用して小型に作る
4) 手持ちのケースに入れる
5) 新たな部品は購入しない

ダイナミック点灯の7SEGは物は小型なのですが、片面基板でパターンを引くと基板自身が大きくなってしまうので、パネル面の基板は部品を置くのみとしてジャンパ線などはリード線で手配線としました。
手持ちケースはおそらく15年以上前に購入していたものでラフに寸法を測って基板サイズを最初に決めてパターンを引きました。結構厳しい寸法だったのですが、何とか入ったものの、パネル面の基板の部品の厚みを考慮していなかったので結果としてはその分パネルがはみ出る形となってしまいました。ご愛嬌です。

前面概観.jpg

前面基板.jpg

概観横.jpg

電池比較.jpg

設計時点で悩んだのが、エアーバンドは10MHz以上の帯域があり、ラジオIC側でこの帯域をカバーさせるのには無理があると考え、ラジオICは入力を10.7MHzとしてIF455KHzに変換、フロントエンド側でこの帯域をカバーすることにしたのですが、中華製DDSはせいぜい0〜50MHz位の範囲でしか使用できないことです。
フロントエンドの局発のカバー範囲は107MHz〜120MHz程が必要となります。
そこで、デジタルの良さ?を利用して、うまく行くかどうか?でしたが、今回はDDSとして通常使用する信号ではなく、ナイキストイメージの信号を活用することにしました。
次に問題として気づいたのが、DDSの基準クロックが125MHzであり、エアーバンドの帯域の真ん中にあることです。これが悪さをしてラジオICのAGCを飽和させてしまうと全く使用できない受信機になってしまいます。
やってみないとわからない状況ではあったのですが、10.7MHzにはFM用ですがセラミックフィルタを使用し、また455KHzにもラジオ用セラミックフィルタを使用して選択度を少しでも良くする方法をとりました。お陰で死蔵していたフィルタも活用できました。

全体の制御には、いつものアトメルAVRマイコンを使用し、BASICでプログラムしています。
28pinのATMega168を使用したのですが、7SEG8桁としたのでこれだけで16pinを消費してしまい、ポート数はぎりぎりでした。
ソフト量としては16KBのマイコンですが20%程度しか使用していません。
DDSの制御、ロータリーエンコーダーでの周波数可変、7SEGのダイナミックスキャン等、これまでに作った資産を利用していますので1時間くらいの改造で動くものが出来上がりました。
周波数ステップは航空無線周波数データから25KHzとしています。但し、当局のロケーションでは羽田周辺しか聞けないと思いましたので、あらかじめメモリーした周波数だけを選択するメモリーチャンネルモードも追加しました。ポートが足らなかったので、メモリー周波数は任意に記憶させることはできず、各チャンネルにあらかじめプログラムで周波数をメモリーさせています。

内部全体.jpg

内部拡大.jpg

結果としては一応実用になりそうなものが出来上がりました。羽田のアプローチのやり取りなどが非常に良く入っています。
残念なのは常に信号が出ている羽田の気象情報の周波数が128.8MHz、アプローチの周波数が119.1MHzと離れておりフロントエンドの帯域をもっとブロードにしないとどちらかに感度の最高点を合わせざるを得なくなったことです。
当然のことながら125MHzは強烈な信号を受信しており、使用できません。
その他、スプりアスと思われる信号を沢山受信していますが、とりあえず支障なく使えています。
ポートが後2ポートあれば、無信号時にAFをカットするスケルチを追加したいところです。
とりあえずケースに入れて完成までこぎつけたので、今年最初の自作としてはまずまずかと思っております。

動画は削除しました。

エアーバンドRX 140111.BMP



posted by ja6irk at 14:02| Comment(6) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2014年12月30日

今年もお世話になりました! 高精度病に明け暮れた2014年

概観20141230.jpg

早いものです。今年ももう暮れようとしています。
今年も多くのOMさんにお世話になり、大変ありがとうございました。
今年の書き込みは夏以降高精度な基準周波数をいかに作るかに明け暮れていました。
このテーマは、もう何年も前に多くの方が通り過ぎられたテーマのようです。
当局的には、そんな高精度は必要ないからと無視していました。
10Hz以下は問題ないと!
しかし、いざ手持ちの自作周波数カウンタで測りだし、調整を始めたら本当に合っているのか不安になってきました。それは、最近のリグは全て周波数表示がデジタルになっており、これとの差が出てしまって何を調整しているのかわからなくなり不安になったのです。
夏ごろに、GPSの1Hzパルスをゲート信号に使って周波数カウンタを作ったらそこそこ精度のいいものができるよ!と教えていただき早速作ってみました。更に、古いGPS基板TU30-D140には10KHzパルスの出力があり、これを使った10MHzの基準信号を作る古いスタンダードになっている記事も紹介を受け作ってみました。しかし、手持ちのVCTCXOは、秋月の12.8MHzしかありませんでしたのでOSCとしてはこれを使いました。
これらを紹介したのが8月16日の記事です。

http://blog.toshnet.com/article/102455817.html

周波数カウンタは、時間はかかりますが、0.04Hzまで測れるようになっています。
しかし、GPSを基準としているとしても合っているのかどうかがわかりません。
それで、OMさんに精度がわかっているルビジウム信号源を貸していただきました。

ここからが、高精度病の始まりです。
お借りしたルビジウム信号源の周波数は、当然10.00000000MHzと表示されます。時々サンプリング誤差で最下桁が±0.04Hzの表示となります。
秋月のVCTCXOを使った信号源は、ルビジウムと比較すると息を吹きかけただけでふらふらしているのが気になりました。GPSでのカウンタでは、12.80000000MHzではあるのですがどうも短期安定度が悪いようです。
そこで、8月のハムファエでジャンクのOCXOを手に入れました。
これは5MHzのOCXOだったのですが、ちょっとの改造ですぐに出来上がりました。

DSC00725.jpg

しかし、これでもルビジウムと比較するとVCTCXOよりはましですが、安定度にはまだ満足できませんでした。
このあたりでやめておけば良かったのですが、ebayでダブルオーブンのOCXOが安く売られているのを見つけ、すぐにポチって入手しました。

DSC00751.jpg

この時には既にお借りしたルビジウム信号源は返してしまっておりました。
やはり比較になるものが欲しくなりました。しかし、ルビジウム信号源は最近高級オーディオ用でニーズがあるようで高騰しています。そうした中で、FE5650Aという比較的安価なものをまたebayで見つけ購入しました。
あまりメジャーなモデルではなかったのですが、関西時代にお世話になったOMさんのサイトで使い方が紹介されているのを見つけて、これなら使えるだろうと踏ん切りをつけました。
但し、これは校正されたものではないので安定度は高そうでしたが絶対周波数は良くわからないところがありました。勿論、10E-9位まではあっているという感じでしたが。
このルビジウム信号源を作った時の記事が、10月13日の記事です。

http://blog.toshnet.com/article/104543388.html

ここまできたらやめれば良かったのですが、ルビジウム信号源の短期安定度は10E-11程度と言われており、自作のGPS周波数カウンタでは、4×10E-9までしか読むことができず、ダイレクトカウント方式のため時間がかかります。
こうした折、ヤフオクでアジレントのレシプロカルカウンタが安く出ていると教えていただき、色々聞くとだいぶ安いらしいと言うことで、そこそこの精度の周波数カウンタを作るのが目的だったのに、10E-11が測れ、標準偏差など計算では10E-12まで表示できるカウンタまで購入してしまいました。
¥15K以下だったので結果はとても良い買い物だったと思っています。
しかし、カウンタは基準信号源あってのカウンタですから、これも精度の高い安定な基準信号が必要になります。当然、最初に搭載されている基準信号は目的を達成しませんでした。
このカウンタには外部基準信号源の入力があり、ここにルビジウム信号源を接続しました。絶対値はともかく安定度の測定はできます。
GPIBの端子もあり、周波数の変化をPCに取り込むためにGPIBのI/Fも作りました。
ここからが、測定の嵐です。
ハムフェアで入手したOCXO、秋月のVCTCXO、ebayで購入したダブルオーブンのOCXOとGPSモジュールTU30-D140を使用したGPSDOと アイテンドーで入手した1980円のGPSモジュールの1Hzを使用したGPSDO(FLL)など時間がかかりましたが、多くのデータが取れました。

代表的なデータとして、ルビジウム信号源FE5650Aを基準信号源としてダブルオーブンのOCXOMV89aを使ったGPSDOの周波数変動を測ったものを掲載します。約1日以上測定したものです。人がいない昼間と人の動きのない深夜に比較的安定していて、人の動きのある時間帯に変動が大きくなっています。
それでも、変動幅として標準偏差で100μHz、最大最小で4〜500μHzといったところでしょうか?!
中心周波数は基準がないのであまり意味を持たないのですが、それでも10MHzに対して1.5mHz程度のズレとなっています。中心周波数のズレは、変動幅を含めて、基準信号源としたルビジウム信号源なのか、OCXO GPSDOなのかは定かではありません。

GPSDOーFLLMV89aRef 周波数変動 LPRO-101.jpg

こうした状況下、大変お世話になっているOMさんに、既に手に入りにくくなっているルビジウム信号源LPRO-101を周波数校正付きで入手していただきました。中心周波数で10MHzに対し、約20μHzしかズレていません。
こうなると100人力です。
既に入手していたルビジウム信号源FE5650Aも調整してしまいました。しかし、ルビジウム同士とは言え、逐次変動していますので、100μHz以下まで合わせるのはとても難しいと言うことがわかりました。
LPRO-101に対し、FE5650Aは約300μHzほど高く調整されています。

入手いただいたLPRO-101は周波数の外部制御端子があり電圧で周波数制御ができるようになっています。
と、言うことは信号源としてルビジウムを使用したGPSDOが実現できると気づき、OCXOの代わりにLPRO-101と入れ替えたGPSDOに改造しました。LPRO-101の周波数可変範囲は0〜5Vの制御電圧で僅か8mHz程度です。
この状態で、先のルビジウム信号源FE5650Aの周波数変動を測ったものが、下記のグラフです。
電源を入れて、10分ほどしてからの周波数収束状況です。次第に10MHzに収束しています。100μHz台の制御には1回の測定で約6時間かかりますので(ダイレクト周波数カウントのため)収束するのに1日以上掛かっています。
変動幅は、標準偏差で50μHz程度、最大最小で300μHz程度でしょうか?! 中心周波数は先に調整した約300μHz程度高くなっています。ちゃんとGPSの1Hz信号を基準に収束制御していると思えます。(おそらく)。

LPRO-101 Ref 周波数変動20141230-3-001.jpg

これで、ルビジウムを校正する信号源がなくても、GPSでいつでも正確な10MHzの基準信号を手に入れることができるようになりました。
ルビジウム信号源の短期安定度は10E-11程度と言われていますので、最大最小の変動状況を見ていてもこれ以上の精度を要求したFLL制御は意味がないし、とても難しいと感じています。10μHz台の制御をするには1回で60時間も掛かってしまいますし(笑)
しかし、10μHz台まで読めてしまう周波数カウンがタがあると気になってしまいます。これが、高精度病を悪化させる原因かもしれません。

実際の無線機の調整では1Hzがあわせられれば十分ですし、この半年これだけで十分楽しめたのでこのあたりで終わりにすることにしました。
もしこれ以上追求するとしたら、セシウム信号源を入手するか、高い評価を得ているけど入手難なGPSDO Z3801あたりを入手するかしかないでしょう。勿論、これに対応した測定器も入手しないと何をやっているかわからなくなってしまいます。

折角ここまで詰めたルビジウム信号源によるGPSDOですので、今年最後の自作としてちゃんとケースに入れることにしました。
と、言っても新品は高いしと思っていたら秋葉原のジャン測やでフィルタとうたった測定器が2000円で売っておりこれがケースに使えると買ってきていましたので入れて見ました。2Uのハーフラックサイズで先に購入したAgilentとほぼ同じサイズです。

DSC00839.jpg

当然、必要のない穴が空いていますが、糊付きシートにインクジェットプリンタでそれらしく印刷して目隠しとして貼ってあります。これの状態が最初の写真です。

内部20141230.jpg
いらない臓物を取り外して、GPSDOとして作り上げた内部(丁度入った)
LPRO-101withHeatsink20141230.jpg
LPRO-101とヒートシンク(ヒートシンクは日米で540円:LPROはインチねじで手持ちがなかったのでワイヤで仮止め)

出来上がった自作GPSDOのソフトとして、GPSは時々捕捉しなくなるので衛星補足が4個以下の時は、その時の周波数測定データを使用しない、マイコンのEEEPROMに100μHz制御時点のルビジウム制御電圧を記録しておき、次回電源ON時にこのデータを読み出してできるだけ収束時間を短縮する、GPSの時刻データを読み出して、シャックの基準時計とするなどそれなりの工夫もしております。

しかし、ルビジウムと言えども温度変化で周波数は変動しますし、ケース内部温度をも考慮した周波数制御や、LPRO-101からは、ロック状態出力やランプの健康状態を表すランプ電圧などの出力があるのでこれらの表示もできるようにしたいな!とかまだまだ追加で色々やりたいのですが、暫くはこの状態で使用することになると思います。でないと、年が越せません。

2014年 各局さんには大変お世話になりました。
特に、JA9TTT/1 加藤さんには色々とご指南いただきました。
ありがとうございました。

皆様、来る2015年も宜しくお願い申し上げます。


posted by ja6irk at 19:25| Comment(2) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2014年10月13日

ルビジウム信号源

DSC00803.jpg

GPSを基準信号源にした周波数カウンタと10MHzの基準信号源を作ってからだいぶ時間が経ってしまいました。
その過程の中で、最初は秋月の12.8MHzのVCTCXOを使用した信号源もちょっと見は安定度がいいのですが、息を吹きかけると元に戻るとは言え数ヘルツ位の変動がありました。
このVCTCXOをTRヒーターで温度制御しながら温めたりしてみましたが今一納得がいかず、結局ダブルオーブンのOCXOをebayで$23で売っていたので購入して使っています。
お借りしていたルビジウム信号源との比較でも非常に安定しています。勿論、息を吹きかけてもびくともしません。一応ここまで検討したところで、お借りしていたルビジウム信号源をお返ししました。
そうなると、今まで基準にしていたものが無くなり、やはり1台欲しくなりついにルビジウム信号源を購入することにしました。ヤフオクやebayを検索し、ebayでfreeshippingで$100のを見つけ、しかも232C制御で周波数を変えられるらしいとのことでこれを購入しました。FE5650Aというものです。もう高精度病状態です(笑)
最初の写真が、そのルビジウム信号源を電源とともにケースに入れたものです。
現時点は、とりあえずケーシングしただけで、信号出力もFE5650Aの出力をそのまま出しています。
将来的には、分配回路をつけてやろうとBNC端子は全部で5個つけられるようにしました。
周波数制御も、とりあえずはPCから制御できるようにD-SUB9Pの端子をつけました。後ろ側の写真です。

DSC00795.jpg

しかし、購入した信号源はそのまま使えたわけではなく、電源の接続や信号の取出しなどを行うコネクタが特殊でどうしようか悩みましたが、表面実装となっているコネクタを半田ごてではずしてしまい、基板パターンに必要な端子からリード線を半田付けして引き出し、ケースの外側にD-SUB9Pを取り付けてそこから接続できるようにしました。買ったばかりのものを改造する勇気はいりましたが、眺めていても信号は出てこないので、当たって砕けろ!です。結果は、何とかうまく行きました。

DSC00775.jpg

D-SUB9Pを取り付けるためのポスト用の穴あけも結構な作業量がありました。(ケースを裏側からドリルでザグッてねじ穴とした)。

DSC00772.jpg

DSC00773.jpg

DSC00774.jpg

また、この信号源には電源として15Vだけでなく5Vも必要でしたが、3端子レギュレータをケース外装に取り付け、供給は15Vのみとしました。

DSC00780.jpg

ここまでで発振を確認できましたが、結構熱くなります。ラジエータをつけて冷やす必要があると考え手持ちのラジエータを切り出してつけることにしました。
一番大変だったのは、この切り出し作業です。小さな金鋸で約40分ほどかけて焦らず、苛立たず、のんびりと加工しました。

DSC00791.jpg

DSC00792.jpg

DSC00793.jpg

電源には、秋月で売っている16V4AのACアダプタを使用しました。メーカーの仕様書に寄ればこの信号源は15V〜18V位で使用できるとわかったので、そのまま使っています。小型で適当に安価で良かったです。

DSC00796.jpg

とりあえずのケーシングも終わりましたので、次は周波数制御です。元々、購入したこの信号源はOPTION58というもので、発振周波数が8.3****MHzとなっているものです。しかし、これらはDDS制御にて周波数が決められており、このDDSの設定を変えれば必要な周波数(範囲の制限はありますが)が出力できることになっており、この制御はRS-232Cでできるようになっています。今回取り付けたD-SUB9Pのコネクタにこの制御信号も配置しました。

DSC00777.jpg

まず、PCの制御(TeraTerm使用)でうまく行くことを確認して、今度はマイコンからの制御実験です。
これも簡単にできました。通常のDDS制御と同じようにデータを計算して、通常はDDSに制御データとして出力するところを232Cシリアル出力するだけで簡単に動きました。そのうちケース内に内蔵して超安定DDS信号源にしたいと考えています。

DSC00797.jpg

8月に製作したGPS-DO/周波数カウンタに積んでみた写真です。テイシンのTK-12という比較的低価格の測定器などに丁度いいサイズのケースです。

DSC00807.jpg

次は、制御回路の内蔵ですが、課題があります。この信号源の周波数を変えていくと、9MHzあたりを中心に低いほうも、高いほうも信号出力が低下します。どうも、共振型のフィルタが内蔵されているようです。20MHzまでは信号源内蔵のマイコンが対応しているようなので、このフィルタの特性を変えてやればHF帯DDS信号源として使えそうです。
サイト検索をすると容易に見つかりました。ちゃんと回路を追って、フィルタの特性をシミュレーションされ、改善する方法も記載されています。オリジナルの特性は当局が実測したものと殆ど同じでした(当然ですが)
とりあえずは安定な信号源が手に入ったのでとりあえず使えるようにして、次のステップは、これからまたのんびりとやっていきます。マイコンでの周波数計算と表示が32bit長の限界にぶつかっており多桁の計算を精度良くやるかうまく表示する方法を考えないといけません。

※このFE5650Aを購入する判断となったのは、dty山本さんのサイトです。OPTION58の制御方法が記載されており、この情報で購入の決断をしました。当然、制御方法はそのまま参考にさせていただきました。
ありがとうございました。

※GPS-DOやルビジウム信号源はもう5〜10年前に話題になっていたようですが、そんな精度は必要ないと関心がありませんでした。しかし、ひょんなことから1Hzが欲しくなりやり始めたらハマってしまったという感じです。その当時だったらもっと安かっただろうにと悔やんでも仕方ありません。

posted by ja6irk at 18:16| Comment(2) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2014年08月16日

GPSによる高精度簡単周波数カウンタ

DSC00614.jpg

DSC00707.jpg

TS-130のVFOをDDS化して本体に内蔵し、バンド毎にバンドエッジをマイコンに組み込んで快適にワッチをしながら、いざ本体の再調整をと始めたら、意外とちゃんと校正した周波数カウンタを持っていなくて(±50Hz程度?)、もう少し精度の高い周波数カウンタが欲しくなりました。
丁度その時に、いつもお世話になっているOMさんからGPSの1pps信号を1/10してそこそこの精度が取れるらしいとご助言いただきました。
だいぶ以前にRockwellのTU30-D140というGPSボードを分けていただいていたのを思い出し、引越しの荷物のどこにあるか大変でしたが見つけ出すことができました。
早速GPSの動作を確認し、232C接続でPCから衛星を捕捉している様子が確認できました。1pps信号も出ています。

DSC00677.jpg

早速、1pps信号を1/10してゲート回路を通してマイコンに取り込み周波数を表示する回路図を作成し、一気に基板も作ってみました。

DSC00660.jpg

基板パターンを作成しながら、このGPSボードからは10KHz信号も出ており、これを使った基準信号発生器(GPS-DO?)も作れるではないかと、あちこちのサイトで目にするG3RUH OMさんのPLL回路も一緒にパターンに組み込みました。
但し、高級なVTCXOを所有している筈もなく、最近、秋月で販売している12.8MHzのVCTXCOが使えないかとダメモトで入れ込みました。通常は、10MHzのVTCXOが使用されていますので、最初に1/10分周してそのあと1/128分周して10KHzを生成し、比較器に入力しました。
ちゃんとケース入れもし長く使えるように仕上げてみました。

DSC00666.jpg

DSC00689.jpg

それらしく動き始めたところで、はたして当初の目論見どおり精度良くカウントしているのか知りたくなりました。当然、基準となる信号源も持ち合わせている筈もありません。
これは、お世話になっているOMさんからRb-OSC(ルビジウム信号源)を貸し出していただけることになり、宅急便で送っていただきました。
このRb-OSCは発送前の確認で0.001ppmなら大丈夫そうだということでした。
周波数は10MHzですから、0.01Hz以上の精度があることになります。

DSC00711.jpg
お借りしたルビジウム信号源

早速この信号源の周波数を測ってみました。
どんぴしゃです!気持ちが良いほどきっちり10MHzをカウントしています。
プリスケール1/16、ゲートタイム10Sの仕様で作ったので最小桁は1.6Hz刻みとなります。

DSC00687.jpg

これでは、信号源の精度に遠く及ばず、一部改造してプリスケール1/4、ゲートタイム80Sにして測定してみました。最小桁は0.05Hzになります。80Sだとカウントに1分半ほどかかりますが、見事に10.00000000MHzの表示がでました。10回に一回くらい±0.05Hzの表示となりますがこれは量子化誤差とのことです。確かに、1/16でも、1/8でも最後の桁は時々±します。と、いうことは、もっと精度が取れているのではないかと期待してしまうのですが、残念ながらプログラムに使用している変数の最大桁数を超えてしまい実験はできませんでした。
理屈の上では、ルビジウムよりもGPSの方が精度が高いようです。

DSC00689.jpg

いずれにせよ、1Hz以下の精度は当局的には必要ないと思われますので、これ以上の追求は無しとしました。

次に、このGPSモジュールの10KHz信号と秋月の12.8MHzのVTCXOを使用した12.8MHz基準信号発生器です。
自分の1ppsを使用した周波数カウンタでの測定ではしっかり12.8MHzになっています。
しかし、これ以外に精度の高い周波数カウンタは無く、もう一台GPS周波数カウンタを作ることにしました。

やっと、本題の「GPSによる簡単高精度周波数カウンタ」です。
こちらは、GPSモジュールにaitendoで販売されている1980円のモジュール(G315)を使用しました。アンテナ(DAM1575A4)も50%引き特売の750円のものを使用しました。
このGPSモジュールは10数ミリサイズの小型のもので、ピンピッチは1.27mmになっています。今回は変換基板を作り必要と思われるピンのみを出力しました。

DSC00684.jpg

小型にしたいと思い、ケースはタカチのW90×D135×H35mmに入るように基板を書いてみました。

DSC00694.jpg

今回は、プリスケール1/16⇔1/4の切り替え、ゲートタイム10S⇔80Sの切り替えスイッチも入れてみました。
回路図は下記の通りです。

GPS-FrequencyCounter aitendo140814.BMP

プリスケールによりますが、60MHz(1/16時)、15MHz(1/4時)位まで測定が可能です。
出来上がったaitendoGPSモジュールでの周波数カウンタの性能確認です。これもまず貸していただいているルビジウム信号源で10MHzを測定しました。当然ですが、どんぴしゃ10MHzです。

DSC00700.jpg

次に、TU30-D140 GPSモジュールの10KHzと秋月12.8MHzVCTCXOを使用した12.8MHz信号源の周波数測定です。
こちらも、どんぴしゃ12.8MHzとなりました。1/4プリスケール、80Sゲートタイムによる測定で12.80000000MHzとなります。最小桁は0.05Hz刻みです。同様に時々±0.05Hzの表示となります。

DSC00708.jpg

これで、600円のVCTCXOで0.1Hz以上(?)の精度の基準信号ができたことが確認できました。
GPSを使ったカウンタや、信号源の最大のメリットは衛星にロックすれば、ソク精度が得られエージングが必要ないことと、衛星がなくならない限り経年変化が無いことです。
アマチュアにとってこれほどFBな基準カウンタや信号源が安く手に入れられることになりとても喜んでおります。
残念ながら、aitendoのGPSモジュールには10KHz信号が出ていないので信号源は作れていませんが、こちらは比較的新しいモジュールなので衛星へのロックは1分ほどです。TU30-D140はロックするのに40分ほどかかりますのでちょっと使うには不便です。

DSC00709.jpg
窓から2つのGPSアンテナを仮設した様子

今回のGPS周波数カウンタを作るにあたり、衛星へのロックを確認するのにいちいちPCをつなぐのは面倒くさいので、マイコンで衛星からのデータを読んで表示するようにしました。
表示の内容は、緯度や経度、時刻、ロック状態などありますが、表示の切り替えなど含めてこれからおいおいソフトをグレードアップしたいと思っています。

DSC00689.jpg

GPSを使用した基準信号発生器の記事は色々なサイトで見つけられますが、周波数カウンタはあまり無いようです。また、これらと衛星からの情報を同時に表示する自作記事もあまり見当たりません。
この盆休みはTS-130のDDS化改造の追い込みと思っておりましたが、GPSに明け暮れた休みとなってしまいました。しかし、ひょんなことから現時点市場で安価に手に入るGPSモジュールやVTCXOとマイコンを組み合わせた、安価で簡単で精度も高いものが得られたことはとてもFBでした。

【謝辞】今回の製作に辺り、すばらしい助言と、Rb-OSCを快く貸与いただきました JA9TTT/1 加藤OMには大変感謝いたしております。 
 Very TNX


posted by ja6irk at 15:47| Comment(4) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2014年07月13日

中華製DDS&エンコーダー VFO U

DSC00569.jpg

今週も、先週に引き続きTS-130のVFOの中華製DDS化を進めていました。
回路的、ソフト的にはベースがほぼ固まったので、2年前の検討蛇の目基板を基板化しました。

DSC00564.jpg

DSC00565.jpg

TS-130本体のバンド情報もマイコンに入力して、バンド毎にハムバンドのみの周波数可変範囲となるようにするために、マイコンのポートがたくさん取れるATMega644(40Pin)をマイコンとして使用しました。
今日は、まだそこまではできていませんが、基板ができて、ソフトも動き出して時間切れになりましたので写真のみ掲載します。
LCDは先週使ったのは字が小さすぎたので秋月で売っている16*2の超小型というものを使用しました。
だいぶ字が大きくなり読みやすくなりました。
ただケースにどう収納するかが課題で、まだ解決していません。
LCDを搭載するため、ロータリーエンコーダーの取り付け部分を金鋸でカットしました。

DSC00567.jpg

DSC00573.jpg
posted by ja6irk at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2014年07月06日

中華製DDS&エンコーダー VFO

DSC00557.jpg

今週は、日曜日しか時間が取れませんでしたが、先週まで色々遊んでいたRaspbrry Pi オーディオはお休みして、TS-120、TS-130の中華製DDSを使用したVFOを検討していました。
実は、2年ほど前にも実験はしていましたが、そのままになっていました。

http://blog.toshnet.com/article/53249363.html

今回は、中華製の立派な400パルスのロータリーエンコーダーを12$程で入手したので、これを使ってみるのが目的でした。

DSC00522.jpg

やっているうちに、LCDでの周波数表示もやりたくなり、手持ちを探したら、TS-130のVFOに入りそうな小型のLCDも見つかり、これの実装も含めて試作してみました。

DSC00559.jpg

TS-130のVFOユニットに実装するのに、金属加工も現物あわせでやりながらでしたのでこんな時間になってしまいました。

DSC00534.jpg

DSC00547.jpg

DSC00549.jpg

DSC00550.jpg

とりあえず動くようになったので、今日の実績として掲載します。
詳細は、もう少し検討してから報告します。

DSC00558.jpg
posted by ja6irk at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2014年01月19日

自作開始!

DSC00365.JPG 
8桁2行の小型LCDを表示に使用

 早いもので新年を迎えてもう20日あまり経ってしまいました。
ロシア製のラジオICをいただいて既に半年。
そろそろこのICを使って何か作らないとということで、デジタルモードに対応したTRXを最終目標にまずこのラジオICで受信部を動作させて見ました。
何せ古いICで、ロシア名K174XA10というものであり、欧州ではTDA1083、日本ではTA7613とう型名でリリースされていたものです。
このICの特徴は、AFアンプまで内蔵しており、AMであればIC1個で回路が完成してしまうことです。
今回はSSB復調を必要としますので、SA612を復調用に使用しました。

今となっては、情報が少なく、また、アマチュア無線用として活用された事例も殆ど見つけられなくて苦戦しましたが、何とか14MHzのJT65が受信でき、もう少し検討は必要なものの受信部は目処が立ったかなという感じです。
 今回は実験だけで実用的に使ったことがなかった、超廉価中華製DDS基板を局発に使用しました。制御用マイコンは、いつものATMEL製で今回はATMEGA168を使用しています。プログラム言語は勿論BASCOM-AVR(BASIC)です。

メイン基板は、パターンを書いてエッチングしましたが、フロントの基板は蛇の目基板に手配線しています。これは、まだ最終的にどのように仕上げるかを考えずに実験を始めたからです。受信部もこのまま行けるか自信もありませんでしたし.....

DSC00314.JPG 
メイン基板

DSB発生は、復調用のSA612を兼用しましたが、TXの周波数変換には、これもいただいたTDK製のDBMを活用してみようと思い使う予定です。

現時点では、ケースに入れる状況ではなく、実験用としていつもの基板を半田付けした仮シャーシを作って、それに基板を乗せて実験しています。

DSC00364.JPG 
全体

DSC00363.JPG 
受信部

この数年、なかなかリグとして完成できたものがないので、頑張りたいのですが、最終的にTRXまでたどり着けるか???といった状況です。

posted by ja6irk at 18:11| Comment(3) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2013年02月11日

やっと動いたGLCD!

DSC00111.jpg

先週の3連休は、出張でつぶれましたが、今週は3連休。
以前から作りたかったものを作ろうと初日から準備を始めました。
初日は、回路図作成と基板図作成、これで終わり。
2日目は、基板のエッチングと穴あけ、そして部品の取り付け、S/W製作。

DSC00107.jpg

DSC00109.jpg

部品の取り付け、製作まではうまく行ったものの、暗礁に乗り上げたのがS/Wの製作です。
表示は、4桁のLCDでも良かったのですが、以前からグラフィックLCDを駆動してみたいと思っていたので、思い切って使ってみようとしたのが失敗でした。
まず、グラフィックLCDのテストをしようと思って、コマンドを調べて愕然としました。
データは、AVRのCポート8bit全部を使っていたので良かったのですが、CSやイネーブル等のポートはパターンが引き易いように回路を決めて作っていて、コマンドを見たら、ポートの混在はできないようになっていました。必要なポート数は6本ですが、この6本はDポートならDポートだけで割り付けなければならないコマンド仕様になっていたのです。
せっかく作ったパターンを泣く泣く切って、ワイヤでDポートに統一しました。
これで大丈夫と試して見ましたが、まだ、うんともすんとも言いません。接続を確認したり、S/Wを色々試したり、しかし、駄目です。2日目はこれで終わりました。
しっかり睡眠をとって3日目。
もう一回、グラフィックLCDの仕様を確認して、また、愕然。
1番と20番を逆にパターン設計していました。
安心していたデータポートも0-7が、逆さまです。また、8本もパターンを切って接続の変更です。
気を取り直して、LCDの接続を一から見直して、接続もやり直しました。
しかし、このLCDのピン配置は良くできています。逆にしても壊れないような配置になっているのですから。感謝するばかりです。
さあ、動くぞ!とばかり、テストに入りました。
しかし、情報は出始めましたがまともな物がでません、画も流れています。これは、S/Wさえしっかり作れば大丈夫とばかり、あ〜でもない、こ〜でもないとやって、グラフィックは出るようになりました。しかし、文字が出ません。文字表示をすると画が流れます。しかも、1文字しか表示してないのに沢山出るのです。またしても、あ〜でもない、こ〜でもないとやってみましたがうまく行かず、夕方になって、眠くなり1時間の昼寝!
寝るといいようで、END文がフォントのinclude文の後にも書いてあることに気づき、削除してみました。そしたら、すんなり表示されるではないですか!
既に夜7時過ぎで、3連休も終わりです。

DSC00110.jpg

当初の予定では、目的の物が一通り出来上がり、あとはせっかくのグラフィックLCDを活用した表示のみをゆっくり作ろうと思っていたのですが、LCDに文字表示するのに難儀し、目的を達成できませんでした。
でも、グラフィックLCDの動かし方がわかったので 
”いいか!”と、個人的には納得!
しかし、”LCDのテストぐらいブレッドボードでやっとけよ”と言われそうな3連休の顛末でした。

posted by ja6irk at 20:01| Comment(3) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2012年09月02日

KX3用のパドルの自作

DSC03456.jpg 

 昨年発表、昨年末から受注受付開始、3月から出荷が開始され、国内でも各局さんから品物の到着と運用開始がサイトでだいぶ見られるようになりました。
 当局も、2月に注文し、先月到着しました。アンテナチューナーや、ルーフィングフィルタは同時に注文しましたが、本体に取り付けるパドルは注文しませんでした。なんとなくイメージが合わなかったのと意外と高かったからです。
 KX3の組立記は色々なサイトで見られますので、そちらに譲るとして、今回、本体に取り付けるタイプのパドルを自作してみましたので掲載しました。
 これまで、多くのパドルを自作しましたが、本体に取り付けるとなると奥行き方向が狭くないと手前に出っ張ってしまいます。また、これまで作ったパドルの多くの課題は、軸受けでした。また、パドルのストッパや接点を調整するポストの穴位置の精度でした。

DSC03460.jpg

 今回はこれらを解決する方法を見つけました。それはこれまでも使っている部品ではあるのですが、L型や、コ型などの形状に穴の空いたミニステーといわれる物です。ホームセンターなどで売られています。

DSC03468.jpg

DSC03469.jpg

DSC03470.jpg

 これらと、ネジを組み合わせることによって位置精度を保ちました。また、奥行き方向が狭くなる構造もできました。軸受けは、タップの切ってあるスペーサをL型のステーの角に半田付けしました。これにネジを通スことによって、これまで課題であった、上下方向のガタもだいぶ解消しました。

DSC03462.jpg

 このパドルは全てが金物で構成されているので、接点部の絶縁が必要ですが、1mmのプラスチックの板を絶縁用に使用し、接点はジャンクリレーからはずした接点を貼り付けて使用してみました。
 パドルの台と、パドルは以前購入していた紫檀の板を使用してみました。パドルの形状を切るのにだいぶ苦労しましたが、それなりに格好はついたようです。もう少し磨きなどをかけて仕上げれば高級感も出ると思いますが、とりあえず動作もしたので完了です。

DSC03465.jpg

 KX3本体への取り付けもL型のステーを使用しました。そのままでは、正規のオプションパドルのように下を向きますので、L型ステーを少し角度を広げて水平に向くようにしてみました。なかなかいい感じです。

DSC03461.jpg

タグ:自作 パドル KX3
posted by ja6irk at 19:09| Comment(2) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2012年02月25日

中華製AD9850 DDS用OSC

DSC03010.jpg

中国からの直接輸入でDDS基板が非常に安くなって、自作派には便利な時代になったと感じる次第ですが、一部のサイトでは、このDDS基板に使用されているOSCがPLL仕様になっておりDDSの出力波形があまり綺麗でないとの情報が提供されています。
このOSCを水晶式の物に取り替えれば、この出力波形も綺麗になるようですが、安い基板に数百円以上も支払うのは躊躇してしまいます。
64MHzなら、100円で入手できるのですが、この場合使用できる実用範囲は20から25MHz位までですから、できれば元々使用されている125MHz位のOSCが得られればということで、JA9TTT/加藤さんによって、25MHZ位の水晶を使った5次のオーバートーン方式のOSCが氏のBLOGで紹介されています。
今回は、早速これを作ってみました。せっかく作るならできるだけ小型にして入手したDDS基板に載せられるようなものをと、超小型(?)にチャレンジしてみました。
設計された回路は、加藤さんのBLOGを参照ください。

http://ja9ttt.blogspot.com/2012/02/more-chinese-dds-modules.html

最初は、原型どおりに作ってみました。

DSC02970.jpg

当たり前ですが、ちゃんと動作が確認できました。
次に、小型化ですが、小型のトロイダルコア(T25)を使ってあるとは言え、同調コイルはちょっと大きすぎます。
同調を取る為のトリマコンデンサもあり結構面積を食っています。
そこで、発振回路のエミッタに接続されたトリマは非常にブロードでこれは固定コンデンサに変えられると思い、そのように変更しました。
また同調コイルは、おそらく10年以上前に秋月あたりで入手していた5mm角のRFコイルを巻き直して使用することにしました。これで同調用のトリマもコアに変わり、面積をセーブできます。

DSC02980.jpg

こうしてできたのが、下記の写真の基板です。動作も予定通りうまく行きました。

DSC02982.jpg

DSC02983.jpg

DSC02984.jpg
実際にDDS基板に装着した状態

通常であれば、これでめでたし、めでたしなんですが、単体では素直に動作するのですが、DDS基板に搭載すると発振が止まってしまいます。
エミッタのコンデンサだろうと色々と値を変えてみたのですが、うまく行きません。色々やった挙句、結局、このエミッタのコンデンサはトリマに戻し、調整をしたら素直に発振してくれました。これでやっと完成です。
最初は、秋月のトリマで発振を確認しましたが、少し大きいので、少々ですが小さいのを探して搭載しました。
最終完成版が、最初の写真です。
これで、50MHz位までは何とか使えるDDSになったと思います。
早く実際に使用したものを作らなければ(^o^;

DSC02986.jpg
タグ:DDS AD9850 OSC
posted by ja6irk at 13:22| Comment(4) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2012年01月04日

TS-130 DDS VFO

DSC02947.jpg

今年の正月の連休も今日が最後です。
元旦から毎日、何かを掲載したので今日も一つ掲載しました。
お題は、共同購入で中国から¥600/個で入手したアナデバのDDS
AD9850を使用したボードを使ったTS-130(TS-120)用DDS VFOです。
外付けで使える用にした製作も考えたのですが、VFOそのものを
入れ替える事にしました。

ディスクリートで構成され、一つの完成されたアナログVFOを
わざわざ壊して、入れ替えるのも躊躇しましたが、昔部品取りと
して購入したジャンクのTS-120がありましたのでこれを犠牲にし
ました。(まだ動作品ではありましたが)

今日の朝から、壊しながら、且つ最終的な回路構成も決めずに
始めてしまったので、一日では完成できませんでしたが、
一番心配した、ロータリーエンコーダーをどう取り付けるかの
ポイントがクリアできたので、後は仕上げるのみというところ
まで出来上がりました。

現時点、写真のみですが、連休の時間切れということで、今日まで
の所を掲載します。

DSC02935.jpg
中国調達のロータリーエンコーダーです。脇のツメをすぼめて
取り外します。

DSC02934.jpg
クリックははずしです。中央のボールをはずします。

DSC02936.jpg
ギアメカをはずしたプレートです。

DSC02937.jpg
反対側のプレートです。この2つが位置決めに重要な役割を果たします。

DSC02938.jpg
プレートに、エンコーダーを取り付けました。
片側のプレートは、エンコーダー用に穴を広げました。

DSC02939.jpg
エンコーダー側から見た所です。

DSC02941.jpg
VFO基板の乗っていたバックプレートを取付けました。

DSC02942.jpg
上から見た所です。

DSC02943.jpg
蛇の目基板を取り付けました。

DSC02944.jpg
電源とVFO出力の端子は、元の物を流用しました。

DSC02945.jpg
後ろから見た写真です。

DSC02946.jpg
DDSボードとその下にあるマイコンに書き込み中です。

で、最初の写真となりました。
まだ、予定の所まで完成していませんが、DDS出力が得られる所まで
完成しました。
基板の空いている所に、フィルタとバッファーを組む予定です。

最初のギアメカ状態での写真を撮り忘れました。
貴重なギアメカを壊してまでと思われるかもしれませんが、TS-130は
2台VFO-120を1台所有していますので(全てジャンクをヤフオクで調達)
TS-120は部品取り用と実験用にしてしまいました。

2012年の連休もこれで終わり、今年も何か完成品ができるように頑張ります。



posted by ja6irk at 23:01| Comment(4) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2011年12月04日

久しぶりに予備実験U

DSC02900.jpg

今週は、先週に続き予備実験を行っていました。
先週は、オリジナルのKN-Q7Aと同じように第一局発はVXOにして
いたのですが、今週は、これをDDS化してみました。
使用したDDSはアナデバのAD9851をボード化したもので、これは
ローカルさんに共同購入で頒布いただいたものです。
比較的小型なのと、70MHzまでのフィルタも内蔵されているので、
実験には便利です。
と、言っても動作させるには、マイコンと配線が必要です。
久しぶりに自作用実験シャーシと実験用マイコンボードを登場させ
ました。
シャーシ部は、基板が取り付けられるように適当に穴が空いており、
電源用のコネクタ、アンテナ用のM型コネクタを用意してあります。
パネル面も用意してあり、制御用のマイコンボードが取り付けられ
VRや、イヤホンジャック等が取り付けられる穴も空いています。
マイコン基板は、ATMEGA88系(今回はATMEGA168を使用)が使用で
き液晶や、ロータリーエンコーダー、RIT等用のVR、切換用のタクト
SWも載せてあります。
今回はこれらを使用して先週のブロック基板を載せ、さらにDDS基板
をマイコン基板で制御してみました。

DSC02889.jpg

まずマイコン基板の整理です。何せ何年前に作ったか記憶していない
位古いので、どのピンをどのように使っているかわからず回路図を
再作成しながら、マイコンのS/Wを作ってみました。
肝心のDDSの制御の方は、こちらは更に何年も前にしか使ったことの
ないAD9850系(AD9851)のため、プログラムをどう作っていいのか
さっぱりわからず、データをシートを見ながらあ〜でもないこ〜でも
ないとやっているうちに、出来上がりました。
夕方遅くなったので、7MHzのバンドは静かになってしまいましたが、
VXOと違い、帯域内をバンド一杯サーチすると色々な局を受信する
ことができました。
次は、送信モード接続での実験をやろうと考えています。


posted by ja6irk at 19:35| Comment(2) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2011年11月27日

久しぶりに予備実験(KN-Q7A)

11月もあと3日となり、今年ももうあと僅かとなってしまいました。
考えてみれば、実用機としての無線機の自作は今年もできなかった
と記憶しています。
一方でサイクル24は兆しが見えてきて、開局以来始めてのアフリカ
西海岸沖の島とか、ブラジルとか、2,3年前ではなかなかできなかった
エリアともQSOできました。

巷では、またもや中国製のKN-Q7Aというキットが話題になっており、
このまま今年を終わるのはどうかと思って、このキットの回路を
ベースに、当局なりのアレンジを加えて仕上げてみようと実験を
始めてみました。
実験といっても、当局の場合は蛇の目基板だと、どんどんサーカス
状態となり、途中から何をやってるのかわからなくなるので、IC回路
ブロック毎に基板化した物を基板を切らずに使用しています。
とりあえず受信接続した物で動作検討を始めましたが、本日夕方まで
に何とか動き始めましたので掲載してみました。

DSC02874.jpg

掲載写真は、動作状態の物です。
オリジナルキットとの違いは下記の通りです。
AF IC TDA2822A  → LM386
IF XTAL 8.467MHz → 4MHz
OSCXTAL 15.436MHz → 11.056MHz
AGC  無し(手動VR)→ FUJIYAMA方式で追加
AF VR 無し     → VR追加

IFアンプはFUJIYAMAと違い1段ですのでAGCの効きは悪くなります
が、何とか動作しているようです。

作っていて疑問に感じたのは、以下のような点です。
@ 入力のBPFのマッチングはどうなっている?
A IFのXTALフィルタのマッチングはどうなっている?

実際に受信した印象ですが、メーカー製リグよりノイズが少なく
良好です。同じ信号を受信していて明瞭度が上がっています。

今回は受信接続での実験でしたが、送信パワーアンプの実験基板も
作っていますので、次は送信接続での実験もしたいと思っています。
最終的には、局発に最近仕入れたDDS基板を使用してDDS制御の
マルチバンド仕様で仕上げたいな?といつになるかわからない計画を
たてているところです。

タグ:自作 SSB KN-Q7A
posted by ja6irk at 17:28| Comment(1) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2011年06月26日

オートチューナー導入

DELTALOOP.jpg

この半月ばかりは殆ど出張していました。
早めの入梅にも拘らず、空は入道雲が出ていて早くも夏の状況です。
おそらく梅雨の中休みでしょうが!
コンデションも夏の雰囲気が出てきているようで、以前より構想して
いた、デルタループにオートチューナーを接続してマルチバンドで
オンエアできるようにしてみました。
元々、このチューナ部分は自作での構想でしたが、本業多忙で到底
出来そうにも無く、最近CQ誌の別冊で同じ構想の記事が出ていたので
これはやってみなければと、出張前にICOMのAH-4を中古で手配してい
ました。
まず、VCH式のバーチカルにつないで動作を確認してみました。
これでうまく行きましたので、21MHzより少し高い周波数に同調してい
るデルタループに接続してみました。
3.5MHz〜50MHzまで、SWR1.5以下で2秒以内に同調が取れます。
一番苦労したのは、制御ケーブルを屋根裏に通す作業です。
屋根裏はこのところの気温で蒸し風呂状態で、あとで追加ケーブルを
通せるように準備しておいた予備の紐も途中で引っかかってしまい、
結局屋根裏に入り込んでの作業となりました。
昼間に写真を撮るのを忘れたので、夜の写真でよく見えませんが、
デルタループの根元にAH-4を取り付けてあります。
CQ誌の別冊より、ループ長も短いので、また、いつかループをもう
一回り大きくしたいと考えています。

オンエアの機会が増えればいいのですが.....

とりあえず、18MHzでパラオからのオンエアT80Tに一発で取ってもら
いました。
posted by ja6irk at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2010年10月02日

SDRとiPhone

DSC02395.jpg   DSC02400.jpg

人気絶頂のiPhoneですが、ハム用のアプリもボチボチ
出てきています。
EchoLink、PSK、RTTYを始め、SDRもあり、一応それぞれ
ダウンロードしたものの実験したことがありませんでした。
先週、机の上が少し片付いたので、その気になり、2006年
のCQ誌の付録に付いていたSDRの基板を作るだけ作って
一度も実験したことが無かったのを思い出し、早速つないで
実験してみました。
今回作ったのは、そのうち使うことがあるだろうと思って
買っていた3極のiPhone用プラグにSDRの出力とイアホンを
接続するケーブルのみです。
写真の通り、出来上がり早速7MHzを聞いてみましたが、それ
なりに聞こえています。
こんな簡単な回路とiPhoneで受信機が出来るなんて時代も
変わったものです。

しかし、CQ誌の基板は固定周波数となっており、受信範囲が
限られてしまいます。
そこで、更に思い出したのが、USBで制御できるSi570という
シンセサイザーICを使った基板を以前買って実験していた事
です。この基板は、かなり高い周波数まで任意の周波数の
出力が可能でした。確かSDR用のクロックとして欧州では多用
されているのを思い出しました。

http://blog.toshnet.com/article/32661371.html

DSC02401.jpg  Rocky.JPG

CQ誌の付録基板に、USB制御のSi570基板を接続し、更に
RockyというS/Wを使用することによって、HF帯の任意の周波数
を受信することが可能になりました。
3.5MHzと7MHzだけですが、CW、SSBの信号がFBに受信できて
おります。
このS/Wはエレキー機能も付いているようで、TX部を追加すれば
CWのTRXとしても使えるようです。
遅ればせながら、SDRの実験でした。
posted by ja6irk at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew