2007年08月18日

LA1600を使ったCW TRX 「神護」その後

DSC00105.jpg LA1600CW_TRX(_j070818.BMP


夏休みもいよいよ明日のみとなりましたが、放って置いた「神護」が気になり、最後の詰めを始めました。
外部電源(バッテリを含む)では、パワーも出るようになり、ほぼ完成と見ていたのですが、実際に電池駆動にトライしたら大変なことがわかりました。
アルカリ電池4本 6Vでは、内部インピーダンスの関係からか送信すると電圧が下がり、パワーが出ないんです。
ニッケル水素4本 4.8Vの方がまだましです。それでも連続出力だと20分くらいしか持ちません。
単4型にしたのが問題でした。
(元々単3型の予定でしたが、結果ケースを小さくしすぎたため入りませんでした)
これでは、本体がいかに小さくても実用になりません。

方針変更です。
6本 アルカリ9V、ニッケル水素7.2Vとしました。
このためドライブ用のC-MOSロジックの電源は安定化の必要があり、ロードロップの3端子Regを追加しました。
出力のマッチング回路も見直して、以前実績のある「鞍馬」に変更しました。
これによって、安定的に出力が得られるようになりました。
12V動作では、5Wも出ます。4.5Vまで下がっても0.8Wが安定的に出ることが確認されました。効率も70%以上得られています。
「鞍馬」での定数の再現性も確認できたことになります。
電源電圧と出力の関係は、以下の通りです。

 12V → 5.5W  0.58A
  9V → 3.0W  0.43A
 7.2V → 2.1W  0.36A
  6V → 1.45W  0.32A
 5.5V → 1.2W
  5V → 1W
 4.5V → 0.8W

 ※電流は、コレクタ電流ではなく送信時の総電流

後は、マイコンの最後の仕上げです。
posted by ja6irk at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2007年08月07日

ハムフェア自作品コンテスト優秀賞第三席

DSC01386.JPG  DSC01423.jpg   
本体                  ベースステーションと本体

今年のハムフェア自作品コンテストの規定部門は「QRP CW トランシーバー」でした。
この数年間、凝りもせずに7MHzを中心にQRP CW TRXばかり作っていましたので、作った自作品の中から最近のメイン機種として使用していた「鞍馬」に手を加え、ベースステーションも追加で製作して「鞍馬U」として応募してみました。
コンテストというものへの応募は初めてです。
そしたら、なんと、百戦錬磨の常連ベテランの方々にまじり優秀賞第三席をいただきました。
大変ありがたいことです。
これも、色々ご指導いただいた先輩方のお陰であると大変感謝いたしております。
すでに、次の自作機「神護」の製作途中ではありますが、更に自作に加速がかかる原動力になるかと感じております。
製作機の内容は追って紹介するとして、まず写真だけでも掲載します。
総務大臣賞をはじめとする、その他の力作については下記HPをご覧ください。いずれも、刺激を受ける作品ばかりです。

http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-3_Ham-Fair/2007/jisaku2007/jisaku2007-prize.htm
posted by ja6irk at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2007年08月06日

LA1600を使ったCW TRX 「神護」その2

昨日は、情報をアップする時間が無かったのですが、日曜日の昨日、引き続き検討を行いました。
今回は、6V動作をベースと考えたマイコンを含めたロジック回路は、3.3V動作としましたが、これが裏目に出ました。
パワーが出ない原因はここにあったのです。
つまり、ファイナルの2N7000のOn/Offの閾値は、2.5〜3V位であり、ドライブのロジック出力3.3Vでは、ファイナルの入力容量を考慮すると十分にドライブできていませんでした。
従って、ドライブのロジックICの駆動電圧を、電源電圧からダイオードを通して供給することにより、ほぼ5V強のドライブ出力が得られ、無事送信出力は6V時、約1.7Wとなりました。
まだまだ、検討事項は山積の状態ですが、一歩一歩完成に近づいています。

現時点の回路図を、下記に掲載します。

LA1600CW_TRX(_j070806.BMP
posted by ja6irk at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2007年07月22日

LA1600を使ったCW TRX 「神護」

DSC01603.jpg

 最近、貴田電子というところから販売されているLA1600を使用したキットが人気のようで、更にTXのキットも販売開始されています。
LA1600はもう何年も前に購入してそのままになっており、更に、OMさんより分けていただいた455KHzの世羅多フィルタ用のセラフィルもあります。
それでは、いざ製作とばかりに、先週より組立を開始しました。
基本的には、いただいたものを含め、購入して使われずに溜まっている手持ちの部品を活用することに目的を置きました。
お陰で、新たに購入した部品は、3.3Vのロードロップの低電圧3端子Regのみですみました。

目標の仕様は、以下の通りです。
RX部:
・ LA1600を使用したシングルスーパー
・ IFフィルタには、5素子世羅多フィルタを使用
・ 386を使用してスピーカーも鳴らせる

TX部:
・ 2N7000 3パラ 6Vで1W出力(目標)

VFO部:
・ DDS(AD9834)によるVFO
・ 周波数可変は、VRによる

マイコン部:
・ アトメル社 ATTiny26Lを使用
・ 周波数はVRにより、電圧を可変してマイコンのA/Dによる可変
・ エレキー内蔵
・フルブレークイン
・ エレキースピードはVRによる設定
・ RITもVRにて独立設定
・ 周波数表示は、VRの目盛りに加え、6点LEDによる表示も搭載
・ 電池の減電圧も検出

電源部:
・ 基本は、乾電池4本による6V駆動
・ 外部電源による駆動も可能とする端子も搭載

ケース:
・ いつものようにプリント基板を使用して自作
・ 塗装はストーン調スプレー
・ フロントパネルは、インクジェット印刷による

寸法:
・ 前作「鞍馬」より小さくしたい
  W78.5mm×H38.0mm×D103.0mm(結果、小さくなりました)

とりあえず、形が出来上がり、送受信可能なところまで仕上がりました。
マイコンは、まだ全ての機能が搭載されていません(LED周波数表示、減電圧表示)
残念ながら、現時点で目標の6V 1Wが実現できていません。
0.75Wです。
これから、少しずつ完成度を上げてゆきたいと思っています。
とりあえずは、なかなかよさそうなTRXが出来上がりました。
今回は、名前を京都のお寺シリーズで神護寺から取って、「神護」と名づけました。

DSC01586.jpg
プリント基板は、いつもの Press-n-Peel を使用しました。

DSC01585.jpg
丁度いい大きさの両面ガラエポがあったのでそのまま使用しました。部品面は単なるベタアースです。

DSC01584.jpg
基板パターン面です。

DSC01588.jpg
実装途中の基板です。受信部の調整中の様子です。

DSC01590.jpg
ケースもプリント基板を使って自作です。まず、鉛筆で寸法を入れます。

DSC01596.jpg
外側ケースです。

DSC01594.jpg
内側ケースです。

DSC01592.jpg
出来上がったケースの前面です。

DSC01593.jpg
ケース後面です。

DSC01600.jpg
基板を実装した様子です。

DSC01602.jpg
実装した基板の裏面です。回路変更定数追加など若干の改造があります。

DSC01603.jpg
とりあえず、動作状態まで完成しました。

posted by ja6irk at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2007年07月01日

バッテリー充電器

DSC01579.jpg

今日は、久しぶりに自作してみました。
と、言ってもたいそうなものではありません。
バッテリー充電器です。
移動運用用にと、秋月のバッテリーを購入してから早、おそらく2年位たってしまったでしょうか?!
今年の、関ハムで凝りもせずに、安さに引かれてまたまた、バッテリーを
購入してしまいました。
6V/7.2Ahが2個で\500です。
そこで、重い腰を上げて、充電器を作ることにしました。
回路は、秋月の充電器キットをベースに、関ハムでバッテリーと一緒にいた
だいた、充電表示付に改造されたものです。
これをSWで12V/6Vが切り替えて充電できるようにしました。
元になる電源は、トランスが無かったので、だいぶ昔にジャンクで買っていたノートPCの電源用と思われるスイッチング電源を使用しました。
電圧調整の抵抗を取り替えて、19Vにしました。
この電源は、確か\300くらいだったと思います。
充電器として、ケースに入れることも考えましたが、ラジエータが結構熱くなるし、たまにしか使わないので、電源の上に基板むき出しで固定しました。
写真は、6Vのバッテリーを充電中の様子です。
posted by ja6irk at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2007年06月02日

またしても誘導雷?!

DSC01416.jpg
確か去年の1月頃だったと思いますが、雪による誘導雷で
メインリグである、自作の鞍馬のDDS部分が壊れてしまいました。
今回は、数日前、東京でひょうが降った日だったと思いますが、
京都でも雷がごろごろ言っていました。
丁度帰宅した頃です。
いつものように鞍馬のスイッチを入れたら、バチバチと音がし、
あの時と同じように、アンテナ端子を触ると感電します。
これは、やばいとすぐアンテナをはずしました。
それ以来、そのままの状態だったのですが、今日アンテナを
つないでスイッチを入れると、動作がおかしい。
しばらくすると、いやな匂いが、そして煙が・・・・・・。
蓋を開けたら、写真のような無残な姿が・・・・・・・・。
FINALのFETが吹き飛んでます。
基板も焦げてます。
どうもドライブのロジックICがやられたようです。
そのために、FETがキーオフなのに電流が流れっぱなしに
なって、やられたようです。
あっけに取られ、まだ正確な原因と、修理は行っていません。

バーチカル系のアンテナは怖いです。
デルタループにつながったIC706への被害はありませんでした。
posted by ja6irk at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2007年05月03日

VCH式アンテナ

DSC01378.JPG       DSC01377.JPG
VCH式アンテナ            空芯コイル


今日は、天気もよく、何となく移動用にアンテナがあればと思い、CQ誌
の2006年11月号に掲載されていたVCH式アンテナを作ってみました。
Hi-Qのコイルと電流腹を有効に活用する設計がなされています。
つまり給電点を3/4λにし、輻射の多い電流腹ができるだけ高い位置に来
るようになっています。これにより同軸ケーブルとのマッチングは取れ
ませんが、カプラを使用することで、マルチバンドにも対応できるよう
になっています。
Hi-Qのコイルは、自在ブッシュを使用して直径60mmで作ってみました。
先日製作したLCFメータで45μHでした。計算式とほぼ合ってます。
写真の背景は、21MHzのデルタループです。
posted by ja6irk at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2007年04月08日

ディップメータ 続々

この土日をつぶしての出張だったため、何も進んでいませんが、とりあえず、
回路図とプログラムをアップしました。
プログラムは、オートレンジのところがまだ冗長性があり、不満ですが、
とりあえず動いているので、当面このまま使用することになるでしょう。

?f?B?b?v???[?^?[070304.GIF
回路図

dipmeter070318.bas
プログラム(BASCOM−AVR)
posted by ja6irk at 22:32| Comment(13) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2007年04月01日

ディップメーター 続

DSC01038.jpg DSC01037.jpg DSC01039.jpg

7.01MHzを表示 このあたりがカウンタの限界 コイルが無い時はErr表示

ちょっと多忙で、手がつけられなかったですが、しばらくぶりにディップメータの続きの製作を行いました。
とりあえず完成です。
完成したディップメータの仕様は以下の通りです。

測定範囲:1.85MHz〜105MHz 4本のコイルでカバー
     (1) 1.85MHz〜7.14MHz
     (2) 5.59MHz〜21.9MHz
     (3) 11.4MHz〜45.2MHz
     (4) 25.2MHz〜105MHz
周波数表示:マイコンによる3桁周波数カウンタ表示
     マイコン:ATMEL AT90S2313-10(ATTiny2313-20でも動作)
     表示  :3桁LEDダイナミック表示
     桁表示 :自動オートシフトによる常時3桁表示
     表示制限:カウンタの前置アンプの感度で97MHZが表示限界
電源:006P 9V 乾電池

これまでは、だいぶ以前に作ったコイル3本で6.5MHz〜60MHz位までをカバーするものを使っていましたが、帯域内で使用できない周波数帯があるなど不便な点があり、コイルの端子にRCAのピンジャックを使用していたため最近これがもげてしまい使えなくなっていました。
2月の激集合で数々のディップメータを見て刺激を受け、どうせなら、マイコンを使って周波数表示までも入れてしまえと頑張ってみましたが、とりあえず実用的なものができたと思っております。

ケースは、画鋲の入っていた6cm×10cm×4.5cmの物を使用しました。

マイコンのソフトウェア等は、AVRのブログ
 「1000円で始めるハムのためのAVRマイコン入門」
  http://jn3xby-avr.sblo.jp
で紹介予定です。
posted by ja6irk at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2007年03月11日

ディップメーター

DSC01000.jpg

今日は、CW TRX 広隆はお休みして、自作激集合で集合していたディップメーターの興味をそそられ、昔自作していたものに若干の不満があり、あらたに作り始めました。
まだ、ケースに入っていませんが、4つのコイルで1.8MHzから110MHzまでカバーしています。
今日はここまでです・
posted by ja6irk at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2007年03月03日

自作激集合へ参加

ちょっと遅い報告ですが、2月25日 日曜日にJH3YKVの自作激集合に参加してきました。
今年で4回目の開催で、当局は、メンバーではないのですが、お誘いを受け第1回から参加させていただいております。

第1回:銀閣 第2回:善峰 第3回:鞍馬、ユーロスター、今回:広隆

とCWのTRXばかりです。
参加の各局さん、いずれもツワモノ揃いで、いつも次は頑張るぞと思いを馳せながら帰ってきます。
JH3YKVのブログに紹介されていますので、参加者の写真などはそちらをご覧ください。

幸運にも、当局の鞍馬と広隆が一番前に写っております。

http://jh3ykv.rgr.jp/mt/2007/02/post_533.html
posted by ja6irk at 19:17| Comment(0) | TrackBack(1) | QRP-HomeBrew

2007年02月18日

CW TRX 広隆 その8

BPF タ??070218.jpg   SPタ??070218.jpg   

性能を詰めていくにつれて、進捗が遅くなっています。
自作激集合が来週に迫り、完成まではたどり着けそうにありません。
とりあえず形を作るために、不本意ながら、BPFを3BAND分製作しました。
3.5MHz、7MHz、10MHzです。
写真で見ると、それらしく見えます。
受信の方はとりあえずそこそこになりましたが、送信の方はBANDによって出力が大きく違います。(1〜4W)
出力のマッチングをもっと検討しなければなりません。
スピーカーも実装してみました。
使用したスピーカーは、小型ですが音質はまあまあで気に入って使っているものです。
鞍馬にも実装しています。
千石で入手したもので、直径は3cmほどしかありませんが、入力0.5WのFoster製です。値段も確か¥2,300したと思います。5cmの¥200よりはるかにいい音がします。小型というのがGOODです。
Sメーター表示は、LCDのカスタムフォントを作って、携帯電話風に表示できるようにしてみました。
表示が小さくて見えにくいという難点はありますが、表示文字数が少ないLCDですので、目安用としては良いかと思っています。

SMETER070218.jpg
posted by ja6irk at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2007年02月12日

CW TRX 広隆 ?Z

DSC00904_2.jpg  CASE_070212.jpg   
塗装前                塗装後


3連休中も、製作に励んでいますが、以前の実験ではうまく行った所がうまく行かず苦戦しています。
思ったようにパワーがでないのと、波形が汚いのです。
アース周りの切った貼ったで、少しは改善したのですが、2日で描いた基板が良くなかったようです。(ほかにも原因は多そうですが)
中身が進まないなら、外観だけでもと、プリント基板ケースに初めての塗装をしてみました。
フロントパネルは、パネル自身をスキャナで読んで、お絵かきソフトで文字入れをしてみました。
プリントする紙は、写真の絹目がいい雰囲気に仕上がりました。
ケースの塗装に使用したものは、アサヒペンのストーン調スプレーというものです。石っぽく仕上げるスプレーで、なかなか重みのある仕上がりになりました。
とても、プリント基板で作ったケースとは思えないできばえです。
初挑戦で、我ながら自己満足しています。
因みに、VRやつまみの丸穴をあけるのに、ハトメ用のポンチを使用しました。
所持してなかったので、ホームセンターで購入しました。
3mm、5mm、6mm、8mmの4本で\800でした。意外と安かったです。
今度、10mmも買っときましょう。

調子に乗って以前作った「鞍馬」も塗装してみました。

CASE_with???n070212.jpg
posted by ja6irk at 15:23| Comment(2) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2007年02月04日

CW TRX 広隆 Y

BPF タ装.jpg   .jpg   BPF 裏.jpg


今日は、先週に続きフィルタ部分を製作しました。
蛇の目基板だと、性能を詰められないと判断し、基板を作りました。
バンド切り替えには、最初の構想どおり、小型のラッチリレーを使用し、切り替え時のみ電流が流れる設計としています。
これで、電池運用にも耐えられるだろうと考えています。
ラッチリレーの制御は、もちろんAVRマイコンを使用しています。
最初は、ATTiny2313を使用予定でプログラムを作ったのですが、いざ、書き込みをしようとしたら、なんと、デバイスを認識しません。
色々考えて見たのですが、使用しているコンパイラがライター(ST200互換)に対応してしていないのではないかと判断し、AT90S2313(古いバージョン)に変更しました。
このチップは外付けのOSCが必要になるのですが、このことを予想してか、ポートは偶然にも未使用であり、裏付けでセラミックOSCを接続して、無事動作しました。
メインマイコンであるATMega8とのインターフェースもうまく行き、バンド切り替えと同時にフィルタが切り替えられます。
フィルタは、まだ、3.5MHzと7Mhzの受信部のみしか完成していませんが、切り替え動作もうまく働いているようです。
posted by ja6irk at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2007年01月28日

CW TRX 広隆 X

DSC00907_2.jpg   DSC00908_2.jpg   

今日は、送信部の組立と、フィルタ部分の検討を行いました。マイコンのS/Wも少しだけ進めて、エレキー部分とRIT部分が動作するようになりました。
FET 2N7000×5パラ 出力5Wが目標ですが、去年3月頃の実験通りには行かないようです。
もう少し、検討時間が掛かりそうです。
RX部は、意外にもミュート部分で苦労してます。
未検討のまま、パターン化したのですが、FETミュートのゲート電圧がAGC部に加わり、受信に移ってもAGCが掛かりっぱなしという現象に見舞われました。
こちらは、回路を変更して何とか対策は打てましたが。

LCDの表示の状況、内部写真、フィルタの検討状況写真を掲載してみました。

DSC00909_2.jpg
posted by ja6irk at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2007年01月21日

CW TRX 広隆 W

DSC00904_2.jpg   DSC00900_2.jpg

先週は出張で何もできなかったのですが、今週は、TX部を動作させる前にケースを作って見ました。
ケースは、最近の自作では3作目となるプリント基板をカットして組み合わせたものです。
3作目の割には、細かいところで色々ミスがありましたが、何とか形が出来上がりました。
比較のために、これまでの自作機と重ねて見ました。
上から、「鞍馬」「ユーロスター」「善峰」「広隆」です。
基板サイズは善峰とほぼ同じですが、LCD表示のためにフロントのサイズが大きくなってしまいました。
電池をはじめ色々アクセサリも詰め込めそうです。
posted by ja6irk at 19:41| Comment(0) | TrackBack(1) | QRP-HomeBrew

2007年01月07日

CW TRX 広隆 V

フロント070107.jpg      メイン070107.jpg 
  
正月休み最後の今日も、昨日に引き続き組立を続けました。
今日は、IFのフィルタとマイコンのS/Wの作成です。
IF フィルタはローカルよりいただいていたテレビ(PAL)のカラーのサブキャリアXTALのセット(フィルタ用に選別済み)が見つかったのでこれを使用することにしました。
マルチバンド化した時の、イメージの関係が気になりますが、時間もないし、とりあえず稼動状態に持っていくために、これを使用しました。
VFOはDDSを使用しているので、後で変更も効きます。このあたりが、DDSとマイコンの威力だと思っています。
フィルタとして使用するときのCの定数もローカルさんの自作で使われていた500Hz帯域の定数をそのまま使用しました。
特性が、どうなっているかは、そのうち測ることにしましょう。
次は、マイコンのS/Wです。
ベースは、鞍馬で使用したS/Wにして改造を加えました。
今回の物は、DDSの出力として矩形波を使用し、MIXERとTX部に直接入力しています。
従って、DDSの制御コマンドを変更する必要があります。
久しぶりにDDSのマニュアルを見て、コマンドの変更。
一発で動作しました。
次に、LCDです。鞍馬は、5点のLEDで周波数の目安を表示していますが、今回はLCDを使用して、周波数を直接読めるようにしています。
こちらは、使用している言語のお陰で簡単に表示が可能になりました。
BASCOM−AVR様々です。
次は、DDSのモジュール基板の組立です。
心配はしていましたが、基板の裏表が逆です。
でも焦りません。DDSのICを裏返しに半田付けして、動作確認。これもOKです。
鞍馬ではIFのフィルタに4.19MHzを使用していたので、これを4.43MHzに変更して、とりあえず受信可能なところまで完了。
まだ、受信部のRFアンプの同調コイルがついていませんが、そこはご愛嬌。
直接、ANTをつないで早速受信開始。
この時間だと、流石にコンディションは落ちていますね。
でもDXを呼んでいる局が聞こえます。
とりあえず、受信部までは動作が確認できました。
受信部のチューニングを含め、送信部、S/Wとまだまだ先は長そうです。
しかし、とりあえず形にはなってきました。

秋月の新しい小型のLCDはコントラストも良くて、なかなか素敵です。
posted by ja6irk at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2007年01月06日

今年も自作開始! またも、CW TRX 広隆U

フロントタ装070106.jpg     メインタ装040106.jpg

正月の休みも、明日までとなってしまい。組立にピッチが上がってきました。
基板の穴あけも終わり、部品の実装も8割がた終わりました。
後は、IFフィルタに使う水晶を決めなくてはなりません。
マイコンのS/Wも、以前に作った鞍馬用が使えるにしてもLCD部分などを
改造しなくてはなりません。
これからが、組立の本番でしょうか?!
取り急ぎ、現状の実装状態の写真を掲載します。
当初の、パネルイメージスケッチに近づいてきました。
基板は、2日間で描いたので、ガラガラです。
posted by ja6irk at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

今年も自作開始! またも、CW TRX 広隆

4053_2N7000_CW_TRX(広隆)070105.BMP  広隆パネルイメージ070105.GIF

昨年後半は、自作もOnAirもアクティビティがかなり落ちました。
年初ぐらいはと、3が日のうちにQRP QSOを実現できましたので(と、言っても僅か1局だけですが)、自作の方もと昨年の3月頃にラフな回路図を書いていたマルチバンド対応のCW TRXをおもむろに作り始めました。とりあえず回路図を仕上げ、基板パターンを描きながら、どんなデザインに仕上げるかを考えてみました。

基板も無事エッチングまで終わりました。これから、部品の実装を開始します。



プリント基板070106.jpg
posted by ja6irk at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2006年08月06日

FUJIYAMAの製作?

DSC00507_2.jpg

暑い日が続いてますが、久しぶりにFUJIYAMAの製作の最終調整を行いました。
最初はパワーが中途半端にしか出なくて苦労しましたが、結局、マニュアルに書いてある通り、T601、T602(TX部のBPF)の同調ずれでした。18MHzより低いところで同調させていたようです。
正規の同調点で3W以上(多分4W位:パワー計が3Wしか目盛ってないため)が得られました。

それほど強い局は出ていませんでしたが、6と、7の局のOMさんにとってもらいそれぞれ57,59を貰いました。
何とか、目的とされる状態まで追い込めたようです。

セラロックのドリフト対策とか、AGCのチューニングとかいろいろ改善方法もあるようですが、借り物製作なため、キットの純正の状態でお返ししたいと考えております。
これで、FUJIYAMA製作は完了です。
posted by ja6irk at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew