2014年01月19日

自作開始!

DSC00365.JPG 
8桁2行の小型LCDを表示に使用

 早いもので新年を迎えてもう20日あまり経ってしまいました。
ロシア製のラジオICをいただいて既に半年。
そろそろこのICを使って何か作らないとということで、デジタルモードに対応したTRXを最終目標にまずこのラジオICで受信部を動作させて見ました。
何せ古いICで、ロシア名K174XA10というものであり、欧州ではTDA1083、日本ではTA7613とう型名でリリースされていたものです。
このICの特徴は、AFアンプまで内蔵しており、AMであればIC1個で回路が完成してしまうことです。
今回はSSB復調を必要としますので、SA612を復調用に使用しました。

今となっては、情報が少なく、また、アマチュア無線用として活用された事例も殆ど見つけられなくて苦戦しましたが、何とか14MHzのJT65が受信でき、もう少し検討は必要なものの受信部は目処が立ったかなという感じです。
 今回は実験だけで実用的に使ったことがなかった、超廉価中華製DDS基板を局発に使用しました。制御用マイコンは、いつものATMEL製で今回はATMEGA168を使用しています。プログラム言語は勿論BASCOM-AVR(BASIC)です。

メイン基板は、パターンを書いてエッチングしましたが、フロントの基板は蛇の目基板に手配線しています。これは、まだ最終的にどのように仕上げるかを考えずに実験を始めたからです。受信部もこのまま行けるか自信もありませんでしたし.....

DSC00314.JPG 
メイン基板

DSB発生は、復調用のSA612を兼用しましたが、TXの周波数変換には、これもいただいたTDK製のDBMを活用してみようと思い使う予定です。

現時点では、ケースに入れる状況ではなく、実験用としていつもの基板を半田付けした仮シャーシを作って、それに基板を乗せて実験しています。

DSC00364.JPG 
全体

DSC00363.JPG 
受信部

この数年、なかなかリグとして完成できたものがないので、頑張りたいのですが、最終的にTRXまでたどり着けるか???といった状況です。

posted by ja6irk at 18:11| Comment(3) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2014年01月01日

謹賀新年!

旧年中は大変お世話になりました。
このBLOGの書き込みも、自作も非常に低調な状況ではありますが、本年も宜しくお願いいたします。

posted by ja6irk at 00:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 徒然なるままに

2013年12月31日

今年もお世話になりました!

 まもなく2013年も暮れていってしまいます。
今年は、4月に東京に転勤になり、単身で10階建てのワンルームマンションに住むことになりました。
幸いにも、最上階でロケーションに恵まれ、5mしかないショートワイヤにもかかわらず、今までにない全世界ともQSOもできました。
秋葉原に近いこともあり、QRP懇親会にも何度か参加させていただき、アイボールQSOにも花が咲きました。
しかし、このBlogも8月のDXQSO報告以降更新もできないまま過ぎてしまいました。
自作のほうも、なかなかできなかったのですが、一人住まいでオーディオ機器も何も持って行かなかったので、逆に昔のオーディオ趣味が芽生え、6畳一間の狭い部屋でありながらも、それなりにある種こだわりを持ったシステム作りすることができました。

写真5.bmp

まず手をつけたのがアンプです。流石にPC用の外付けアンプとスピーカーでは限界があり、かといって、道具も材料も持ってきていない状況で、簡単に、それなりの音質が実現できるものとネットで探した結果見つけたのが、LM3886というICを使ったアンプです。
なんとキットがアイデンドーで950円で売っています。
京都の自宅に帰ったときに、昔(35年前)のメーカー製のアンプからトロイダルコアの電源トランスと、ヒートシンクをばらして、持ってきて作ってみました。
素の製品アンプよりはるかにいい音が出ました。

写真.JPG

写真3.jpg

写真4.bmp

次は、スピーカーです。アンプが良くなるとどうしてもスピーカーを良くしたくなります。
かと言って、大型のスピーカーは持ち込めません。
結果として、20cmのアルテック755Cを入手し、若干小さいのですが、DIATONEのDS-500というスピーカーを安価に入手して、ウーハーを入れ換えました。VERY GOODです。 ツイーターは付けたままですが、接続していません。
ついでに同じアルテックの3000Hというツイーターを入手し、現在は外付けで使っています。
ボーカル、ジャズともにGOODです。

しばらくこれで使っていました、さらにアンプをいじりたくなり、真空管アンプを作ることにしました。
真空管アンプは、実に35年ぶりです。
こちらも、ネットでいろいろ探した結果、14GW8というオーディオ用に作られた複合管の3結が良いということで、これを作ることにしました。出力は僅か1W程度です。先のICアンプは30W程度出るアンプですが、音量的には全く負けていません。むしろこちらのほうが大きな感じがしています。
もっと小型にできるのですが、トランスも、シャーシも余裕を持った作りにしました。

写真6.jpg

写真7.jpg

写真8.jpg

結果として、アルテックとの組み合わせで、一段とリアルな音が再生できるようになりました。
音源は、PC/iPhoneとの接続のUSBDAC経由です。

写真9.jpg

もう少し音のチューニングをしたいところは残っていますが、音の世界はきりがないので、来年はまた無線の自作に戻ろうかと考えています。

本当に今年もありがとうございました。

posted by ja6irk at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然なるままに

2013年08月10日

最近の成果(DX)

東京に単身で引越ししてきて、少しずつ準備を始めてQSOを開始しています。
10階(最上階)の角部屋というロケーションも幸いして、京都にいる時(2階建てのベランダアンテナ)とは違ったDXと多くWorkedできており、満足しています。
最高の成果は、中央アフリカ7Q7 とQSOできたことです。45年以上のハム生活で初めてです。西アフリカとは高校生の時にQSOしたことがありましたが、中央アフリカが聞こえた時には感動しました。
最近の成果は以下の通りです。(DXのみ)

台湾 1 中国 1 金門島 1 マレーシア 1 メキシコ 1

マリアナアイランド 1

ロシア 3 ウクライナ 1 リトアニア 1 ブルガリア 3

ポーランド 1 ノルウェイ 1 アイスランド 1

デンマーク 1 オランダ 1 ベルギー 1 イタリア 1

マラウィ 1

国内は、7MHzメインですが、DXは14、18、21MHzでの成果です。
基本的に、週末の夜のみの運用ですので制限はありますが、ベランダから突き出した釣竿アンテナでの成果としては上々だと思っています。なにせ5mのビニール線を這わせただけのアンテナですから。
ただし、出力のほうはその時によるのですがQRPではなく、10W、20W、50Wでの運用です(^o^;

5mの線をATUで強制マッチングさせているのですが、やはり各周波数に共振させたほうがもっと飛びが良くなるのではと考えています。
アースは、100円ショップの網をつなげたものですが、ATUでSWRは下がるものの、5mの線と、網アースでは共振点が見つけれてません(14MHz付近で共振していて欲しいのですが)。
この辺りが、これからの課題です。
適当に飛んでおり、バンド切り替えてもすぐにチューニングできるのでこれでもいいのですが......





posted by ja6irk at 14:37| Comment(2) | TrackBack(0) | QRP-OnAir

2013年06月30日

アパマンOnAir開始

東京に単身で引っ越してきて早くも3ヶ月あまりが過ぎました。
釣竿とかは持ってきたので、ビニル線を這わしてワッチだけは、していたのですが、OnAirはなかなかできていませんでした。
ベランダのアースをどうしたらよいのか、色々サイトを探し回って、バーベキュー用の網をベランダの床に敷いてアースにされている局が居られ、よい結果が得られているとのことで、当教務も真似してみることにしました。
バーベキュー網はちょっと値段が高いので、100円ショップで売っている壁掛け用のネットを使用しました。この網はメッシュが4cmほどで大きいのですが、2箇所づつネット同士を線で半田付けしてつなぎました。ネットの数は8枚です。
これをベランダの床に敷いています。写真では、ピクニック用のアルミシートも強いてありますが、効果は?です。あってもなくてもSWRに変化はありません。
7m程のビニル線での釣竿アンテナと、ネットアースをチューナーで3.5MHz〜50MHzまでSWR1.5以内に収まっています。

QSOの成果は、7MHzでは小笠原、21MHzでは、デンマーク、イタリア、ブルガリアと欧州とQSOでき、最近のコンディションと、10Fという高さの効果か、まずまずの結果です。
上記は全てCWですが、PSK31や、最近流行のJT-65にもチャレンジしようと思っております。

ベランダから突き出した釣竿アンテナは、意外と目立つので、OnAirのとき以外は収納しています。

写真.JPG

写真1.jpg

posted by ja6irk at 19:43| Comment(3) | TrackBack(0) | QRP-OnAir

2013年05月06日

今年も鈴蘭

DCF00005.jpg

今年も、鈴蘭が咲きました。毎年この5月の連休中に開花が始まり、5,6日あたりが見ごろです。
しかし、今年は4月から単身で東京に移ったので29日にしか写真が撮れませんでした。おそらく今日あたりは一杯咲いていることと思います。


タグ:鈴蘭
posted by ja6irk at 19:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 徒然なるままに

2013年04月08日

ベランダから富士山

IMGP0752.jpg

昨日は、夕日が綺麗でしたが、今日の朝はすっきり晴れたいい天気で、ベランダから富士山が見えていました。住み始めて1週間、富士山が見えるとは想像していなかったので、田舎物の当局としては、驚きの眺めでした。早速朝からデジカメで撮影です。
posted by ja6irk at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然なるままに

2013年04月07日

JN3XBY/1

シャック.jpg

前回の書き込みからだいぶ時間が経ってしまいました。
実は、4月1日付けで東京に転勤になってしまいました。引越しとか、挨拶回りとか色々とやることが多く、すっかり、自作とか、無線とか時間を裂けなくなっていました。
やっと、新勤務地で1週間が過ぎ、最初の土日を向かえ無線の準備を始めました。残念ながら、台風並みの雨と風で、買い物の時間も制約されましたが、何とかATUを動かす所まで出来上がりました。
住まいは希望が出せると言うことで、勤務地まで歩いていけるところと最上階で探してもらいましたので、10階建ての10階角部屋が確保できました。(6畳一間のワンルームですが)
勿論、アパマンを目指そうとの魂胆です。
リグはKX3とユーロスターを持ってきたのと、釣竿を3本、ATUはAH-4をはずして持ってきたので、電線とI/Fを作れば何とかなると思っていましたが、工具は少し持ってきたものの、部品は全く持ってこなかったので、買出しに行くことにしました。
幸いにも、秋葉原までは歩きを入れても30分以内で行けます。日本橋まで1時間半は掛かっていた京都時代とは大違いです。電車代も210円で済みます。
とは言え、工具に制限があり、部品が全くないということは大変だと言うことがわかりました。
LEDの制限抵抗でさえも買ってこないとNGです。たった1本のために秋月で100本買いました(笑)
リーマがなかったので、リーマも買いました。(おそらく、中学の時以来)
同軸ケーブル、コネクタ、AH-4用制御ケーブル等も購入し、早速制御I/Fを作り上げて、とりあえず、室内からAH-4の制御ができるようになりました。

AH-4コントローラ3.jpg

OnAirはまだです。ANTと、アースをどうするか決めて作らないとだめです。
明日から、また次の1週間が始まります。いつOnAirできるかわかりませんが、のんびりと準備を進めたいと思います。
当分、アパマンとなりますが、宜しくお願いいたします。
マンションから見た夕日が綺麗だったので写真を撮ってみました。北側には東京タワーが見えることに気づきました。

日暮れ.jpg

東京タワー.jpg
posted by ja6irk at 22:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然なるままに

2013年02月11日

やっと動いたGLCD!

DSC00111.jpg

先週の3連休は、出張でつぶれましたが、今週は3連休。
以前から作りたかったものを作ろうと初日から準備を始めました。
初日は、回路図作成と基板図作成、これで終わり。
2日目は、基板のエッチングと穴あけ、そして部品の取り付け、S/W製作。

DSC00107.jpg

DSC00109.jpg

部品の取り付け、製作まではうまく行ったものの、暗礁に乗り上げたのがS/Wの製作です。
表示は、4桁のLCDでも良かったのですが、以前からグラフィックLCDを駆動してみたいと思っていたので、思い切って使ってみようとしたのが失敗でした。
まず、グラフィックLCDのテストをしようと思って、コマンドを調べて愕然としました。
データは、AVRのCポート8bit全部を使っていたので良かったのですが、CSやイネーブル等のポートはパターンが引き易いように回路を決めて作っていて、コマンドを見たら、ポートの混在はできないようになっていました。必要なポート数は6本ですが、この6本はDポートならDポートだけで割り付けなければならないコマンド仕様になっていたのです。
せっかく作ったパターンを泣く泣く切って、ワイヤでDポートに統一しました。
これで大丈夫と試して見ましたが、まだ、うんともすんとも言いません。接続を確認したり、S/Wを色々試したり、しかし、駄目です。2日目はこれで終わりました。
しっかり睡眠をとって3日目。
もう一回、グラフィックLCDの仕様を確認して、また、愕然。
1番と20番を逆にパターン設計していました。
安心していたデータポートも0-7が、逆さまです。また、8本もパターンを切って接続の変更です。
気を取り直して、LCDの接続を一から見直して、接続もやり直しました。
しかし、このLCDのピン配置は良くできています。逆にしても壊れないような配置になっているのですから。感謝するばかりです。
さあ、動くぞ!とばかり、テストに入りました。
しかし、情報は出始めましたがまともな物がでません、画も流れています。これは、S/Wさえしっかり作れば大丈夫とばかり、あ〜でもない、こ〜でもないとやって、グラフィックは出るようになりました。しかし、文字が出ません。文字表示をすると画が流れます。しかも、1文字しか表示してないのに沢山出るのです。またしても、あ〜でもない、こ〜でもないとやってみましたがうまく行かず、夕方になって、眠くなり1時間の昼寝!
寝るといいようで、END文がフォントのinclude文の後にも書いてあることに気づき、削除してみました。そしたら、すんなり表示されるではないですか!
既に夜7時過ぎで、3連休も終わりです。

DSC00110.jpg

当初の予定では、目的の物が一通り出来上がり、あとはせっかくのグラフィックLCDを活用した表示のみをゆっくり作ろうと思っていたのですが、LCDに文字表示するのに難儀し、目的を達成できませんでした。
でも、グラフィックLCDの動かし方がわかったので 
”いいか!”と、個人的には納得!
しかし、”LCDのテストぐらいブレッドボードでやっとけよ”と言われそうな3連休の顛末でした。

posted by ja6irk at 20:01| Comment(3) | TrackBack(0) | QRP-HomeBrew

2013年01月01日

初詣

 今年は、元旦に初詣に行ってきました。
まだ、9時過ぎということもあっていつも込んでる参道も、神社も人もまばらでゆっくりと初詣ができました。

IMGP0504.bmp
八坂神社

IMGP0503.bmp
まだ訪れる人もまばら

IMGP0500.bmp
本殿

IMGP0507.bmp
祇園花見小路

IMGP0510.bmp
一力茶屋

IMGP0516.bmp
軒を連ねるお茶屋さん

IMGP0521.bmp
建仁寺

IMGP0523.bmp
建仁寺に現れた巨大な鯨?(正月早々)

IMGP0534.bmp
えびす神社

IMGP0529.bmp
ここは、龍だった(大原野神社は鹿)

IMGP0531.bmp
えびすさんの顔がふくよか

IMGP0546.jpg
鴨川の橋の袂で
posted by ja6irk at 12:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 徒然なるままに